wordpress 記事 保存 4

0

WordPressを利用していて、書いている記事をすぐに公開できない場面はよくあります。, 記事を書いている途中で用事ができたり、書くのに時間がかかってしまったりした場合など、すぐに公開できないケースは様々です。, このような場合に、WordPressでは記事を書いている途中でも、公開するのではなく「下書きの状態」として保存することが可能になっています。, 私の場合のログインURLは、「http://wptest88310.wp.xdomain.jp/wp-login.php」になります。, ブラウザーのURLバーで「http://「自分のURL」/wp-login.php」でログイン画面が表示されます。, 下書き保存の機能を利用して、時間があるときに記事を作成したり、後日見直してから公開したりすれば完成度も高まりますね。, PR【無料相談あり】DMM WEB CAMP 転職保証付プログラミングスクールはコチラ. WordPressバックアップのBackWPupのどこよりも詳しい解説・その9。バックアップをするために必要なファイルとデータベースの違い、および、フォルダ構成とデータベース構成を説明し、バックアップをする際にどのファイル、どのテーブルをバックアップすればいいのかを解説していきます。 ※未登録の方はa8にアカウント登録が必要です。, 約9年メーカーにてシステムエンジニア経験後、2016年脱サラ・独立したのち、現在は個別指導のWEBスクール運営。, Webやマーケティングなど覚えたノウハウを自他のビジネスに活かすことが好き。最近は「アフィリエイトを副業で始めたい」というお問い合わせが多くあるので、2019年度からアフィリエイトも強化中。, WordPressでホームページの作り方・ブログの始め方を覚えるなら個別指導のWebスクール「ウェブストエイト」, このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシーと利用規約が適用されます。. WordPressで書いた記事、コメントのバックアップ方法 . 投稿の使い方や用途がいまいちわからなくって・・・固定ページとの違いもわからないし・・・, 投稿はブログとして利用できる機能です。一般的には、お知らせやコラム、技術情報や時事情報などで使われることが多いです。ここでは、投稿の基本的な使い方から、固定ページとの違いまでまとめて説明していきますね!, 詳細なエディターの説明は後ほど説明をしていきます。ここではいったん、投稿の追加編集削除の基本操作を先に説明していきます。, 詳細なブロックの説明は後ほど説明をしていきます。ここではいったん、上部ツールバーや右ツールバーなどの全体の概要について先に説明していきます。, 設定項目はブロックにより異なりますが、色やデザインなどを調整したりすることができます。, このように、新しいエディターでは「ブロック」と言われる単位を挿入していくことでページを作成していくことができます。, グルーピングしたブロックをうまく選択できない場合は、前述のブロックナビゲーションをうまく活用して対象のグループブロックを選択しましょう。, ご利用のテーマ・設定にもよりますが、一般的にFacebookやTwitterでシェアした際にもアイキャッチに設定した画像が表示されます。, 日本語URLは利用ケースによっては、「%5%2%....」のようにわかりづらい文字に変換されるので、当サイトでは半角英数字のURLに変更しています。, 私のWordPressでは投稿ページのURLに日付も入っています。日付はいらないので消したいんですけどどうしたら良いでしょうか??, 投稿のURLについている日付(yyyy/mm/dd)は「設定」>パーマリンクから変更できます。投稿のURLの共通設定を変更することができます。, 適切にカテゴリ分けすることでユーザーに取って親切になりSEOでも効果を発揮します。, カテゴリーは記事をまとめたフォルダのようなイメージです。カテゴリーは親・子のように階層構造を持つことができるのに対して、タグは見た目の通り「札」というイメージなので階層構造を持つことはできません。, WordPressの使い方は、自分で触ってみないことにはなかなかわからないことも多いと思いますので、興味がある方はたくさん触ってみて覚えてくださいね。, WordPress(ワードプレス)でブログを始めようと思った時に、サーバー・ドメインの手続きなどわからないことだらけで困っているというお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事では、WordPressでブログやアフィリエイトを始めたい初心者を対象にWordPressの始め方をご紹介していきます。, WordPressでホームページを自作しようと思った際に、「ドメイン?サーバー?たくさん調べることがあって何から手をつけたら良いのかわからない」というかたも多いのではないでしょうか。この記事ではWordPress初心者の方を対象にWordPressでホームページを作る方法をご紹介していきます。, 今回は、これからWordPress(ワードプレス)を使ってホームページまたはブログサイトを作りたい初心者の方向けに、WordPressの導入から使い方までまとめて説明していきます。 無料事前相談もしておりますので、まずはお気軽にご登録ください。, 『自分で作る選択を』自分でホームページ作成・Web集客したいホームページ作成スクール・教室, -WordPress 初心者の方向けに、WordPressのバックアップ方法(手動及びプラグイン利用)と復元方法を紹介します。大切な企業サイトを守るためには、情報のバックアップをとっておくことが大切です。WordPressのアップデートやもしものトラブルのときのためにも、必ずバックアップをとっておくようにしましょう。, WordPressで作成したホームページは、その他の多くのウェブサイトのように、ホームページの情報が記載されたHTMLファイルによって成り立っているわけではありません。この場合のHTMLファイルは「静的ページ」と呼ばれ、あらかじめサーバー上にそのデータが保存されています。たいしてWordPressで生成されるウェブページは「動的ページ」と呼ばれ、ユーザーのアクセスがあるたびに、データベースに保存された情報を基にしてHTMLファイルが生成されます。, 静的ページであれば、ウェブサーバーにアップされたHTMLファイルや画像ファイルなどのみダウンロードしておけば、それだけでバックアップは完了です。一方WordPressでは、ウェブサーバー上にアップロードされた動的ページを生成するWordPressの各種プログラムのファイルと、データベースサーバーに保存された記事情報などのデータの2種類をバックアップする必要があります。, WordPressのバックアップは、一般的に専用のプラグインを使って行います。なおプラグインを使わずにバックアップを行う方法もありますが、専用の知識が必要となる上に作業も煩雑です。このことからプラグインを使わないバックアップは上級者向けといえます。, WordPressのバックアップ用プラグインをインストールすることにより専用の画面から簡単にバックアップが設定できることに加えて、比較的手間もかかりません。メニューも分かりやすく用意されているため、専門的な知識も必要としません。そのため初心者の方はプラグインを使うのがおすすめです。, WordPressをバックアップするためのプラグインは複数ありますが、中でも初心者向けでよく使われるのが「BackWPup」です。設定画面が直感的にわかりやすく構成されており、初心者でもあまり迷わずにすむでしょう。, データの誤削除やサーバーの障害などで、大切なサイトデータが消失してしまう可能性があることを、企業のサイト管理者であれば頭の片隅においておくべきです。そしてそういったもしもの事態に対処するためには、日ごろからバックアップをとっておくことが不可欠。WordPressであれば、紹介したプラグインや設定でバックアップや復元を行うことができるので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。, Word Pressの基本を知りたい方はこちら 下書き保存・公開をする. WordPress(ワードプレス)を始めたばかりの初心者の方で、投稿の意味や使い方がよくわからず、悩んでいる方も多いのでしょうか。, ここでは、WordPress5.0から標準となったブロックエディター版の投稿を使ったブログの書き方・使い方について一通り説明していきます。, 基本的に今からWordPressを覚えるなら本ページで説明しているブロックエディターの使い方を覚えるほうがおすすめです。, ただし何らかの理由でWordPress5.0以前のクラシックエディター版に戻したい方は、【Classic Editor】WordPress5系でグーテンベルクから従来エディターに戻す方法をご参照ください。, 一般的に、投稿はブログ記事を書くために用意されている機能です。たとえば、お知らせやコラム、技術情報や時事情報などで使われることが多いです。, WordPressの初期状態では、通常トップページで最新の投稿一覧が表示されています。, (※)ワードプレスには、用途ごとに複数のブログに拡張して運用する機能(カスタム投稿機能)もありますが、中上級者向けのためここでは割愛します。カスタム投稿については「WordPress カスタム投稿タイプとカスタムタクソノミー(カスタム分類)を徹底解説」をご参照ください。, 一般的に固定ページでは「会社情報」や「お問い合わせ」などページ単体で独立している内容で、メニューバーなど決まった位置に表示しておきたいページで固定ページで利用します。固定ページで作成したページは投稿一覧の中には表示されません。, 「投稿」はカテゴリーやタグによりページ同士をジャンル分けして一覧表示することができるのに対して、「固定ページ」は通常カテゴリーやタグという概念がなく、ページ単体で独立しています。, 固定ページの使い方は「【2020年版】WordPress固定ページの使い方を徹底解説」をご参照ください。, 本記事では、「Lightning」というテーマを使用した例で説明していきます。同じテーマを利用したい方は「Lightning」をご利用ください。WordPressテーマの適用方法はこちら, 投稿を新規追加するには、投稿>投稿一覧をクリックします(投稿>新規追加でもOK)。, はじめてブロックエディターの画面を開いた時には、ガイドが表示されます。今回ば「×」を押していったん閉じます。, 下記のような編集画面が初期状態で表示されます。大きく、メインのエディターエリアと上部ツールバー、右のツールバーがあります。 (※)上記はWordPress5.5の画面です。バージョンによって若干の差異があるのでその場合はご自身のご利用の画面に合わせて読み替えてください。, 2018年12月末にリリースされたWordPress5.0から新しいエディター「ブロックエディター」が標準エディターになっています。, 2018年以前はWordのようなエディター(クラシックエディター)が標準となっていました。, 旧エディター(クラシックエディター)の方にあえて戻したい場合は、プラグイン「Classic Editor」を利用することで従来のエディターに戻すことができます。ただし、今から新しくWordPressを覚えるなら、ブロックエディターで覚えると良いでしょう。, 【Classic Editor】WordPressでブロックエディターから旧クラシックエディターに戻す方法, 上部ツールバーでは、管理画面への移動や公開設定・エディター設定・ブロック追加などの基本項目を設定・確認するできます。, ■ブロックを追加する例。※追加した後は右ツールバーが非表示になるので「設定」ボタンから再度表示して設定できます。, 「文書」タブを選択すると、公開の設定やパーマリンク、アイキャッチ、(投稿の場合は)カテゴリー・タグなどの、この文書(ページ)全体の設定ができます。, また、任意のブロックにカーソルを合わせると、(「ブロック」タグが選択されている状態の)右側メニューでそのブロックの設定ができます。, エディター内の+ボタンを押下することでブロックの追加ができます。※ご利用のバージョンによって若干画面が違う場合があります。, まず最初に覚えたいブロックは下記の5つです。下記の5つを覚えればまずは簡単なブログ記事やレイアウト作成ができます。, まずは段落ブロックを挿入してみましょう。段落ブロックは通常エディター末尾でエンターボタンを押下することで追加されます。あるいは+ボタンから「段落」を選択して挿入することができます。, また、段落で文章を書いている途中でShift+Enterボタンを押下すると、同じ段落のまま改行されます(行間が大きく開きません)。※Enterボタンを押すと新しい段落ブロックとして改行されます(行間が大きくあきます)。, 次に見出しを挿入してみましょう。+ボタンを押して、「見出し」を選択します。文末の+から末尾に追加することもできますし、ブロック間の間にカーソルを合わせて表示される+からブロックを間に挿入することもできます。, なお、ブロックを選択すると、下記のようにブロックのすぐ上にツールバーが表示されます。見出しの場合は、見出しレベル(※)の変更やテキスト揃え、太字斜体などの設定ができます。また、右のメニューアイコンからブロック削除することもできます。, (※)見出しは本の章のようなものです。見出しは階層を持つことができます。h1が本のタイトルに相当して、H2は第1章・第2章、H3は第1-1章、第1-2章、H4は第1-1-1章、1-1-2章のような階層です。, また、見出しのブロックを選んだ状態で、右サイドバーから(表示されていない場合は、右上の設定アイコンを押して表示できます)、色やその他の設定ができます。, 次に画像を挿入してみましょう。右下+ボタンを押して「画像」を選択、自分の好きな画像を選択します。必要に応じて右ツールバーから画像ブロックの設定もできます。, 次に箇条書きを作るリストブロックです。リストのアイコンを選択すると、箇条書きを作ることができます。, なお、テーマやプラグインによっては、WordPress標準の設定以外に、各ブロックに対して設定できる項目が追加されている場合もあります。リスト以外のブロックでも同様にテーマによって追加の設定ができる場合があります。, デザイン>カラムを選択すると、2列や3列などの横並びのブロックを挿入することができます。カラムは後から比率を変えたり列数を変えたたりすることもできます。, カラムなどの外枠を作るブロックを利用することでレイアウト構造が複雑になってくるので、自分が意図する場所にブロックが挿入されないということもでてきます。, 左下のブロックのナビゲーションを確認することで自分が追加しようと知っているブロックの位置を確認することができます(次で詳しく説明), カラムブロックの中にブロックを入れたり、いくつもブロックを組み合わせていくと、対象のブロックをうまく選択できない場合があります。, 対象のブロック近くのブロックを選択してから、ブロックナビゲーションを選択すると、ブロックの階層構造を表示でき、選択したいブロックを選ぶことが便利です。また、左下に現在選択されているブロックがぱんくずリスト形式で表示されているのでそこから対象のブロックを選択することもできます。, ■ブロックナビゲーションを活用して複雑なブロックからピンポイントで対象ブロックを選択する, ある程度ページを作成したら、保存しましょう。下書き保存を選択すると、下書き(公開していない)でページを保存することができます。, ページを公開しても良い場合は、「公開」ボタンを押下して保存しましょう。ページが公開されて一般の人も閲覧できるようになります。, 一度ページを公開してから再度下書きに戻したい場合は「下書きに戻す」ボタンを押下します。, 既存のブロックの間に新たにブロックを挿入したり、既存のブロックを移動したり、削除することもできます。また、複数ブロックをグルーピングすることもできます。, すでに作成したブロックとブロック境目にカーソルを合わせると、既存のブロックの間に新しいブロックを挿入することができます。, SHIFTボタンを押しながら複数のブロックを選択した状態で矢印を選択すると、複数ブロックまとめて順番を変更することもできます。, また、↑↓アイコンをクリックしたままドラッグ&ドロップでブロックを任意の場所に移動することもできます。, 既存のブロックを削除したい場合は、既存のブロックを選択して、詳細設定アイコンを選択してブロックを削除をすることができます。, SHIFTキーを押しながら複数ブロックを選択してグルーピングすることもできます。グルーピングしておくことで、移動や編集がしやすくなります。, 利用できるブロックはこのほかにもたくさんあります。初期状態で、ブロックエディターでは、下記のブロック種類が用意されています。, ここでは割愛しますが、ブロックエディターの詳しい使い方は 「WordPress Gutenberg(ブロックエディター)の使い方を徹底解説」に記載していますので、ぜひご参照ください。, 投稿には、アイキャッチやカテゴリ・タグの設定などの色々な設定ができます。設定は主に編集画面の右サイドバーから設定することができます。, ここでは、右サイドバーにある、アイキャッチやカテゴリ、タグの設定などについて説明していきます。, ブログには「アイキャッチ」という、いわゆるサムネイル表示機能があります。アイキャッチを設定していると、記事の一覧表示で下記のようにサムネイルが表示されます。, アイキャッチは投稿編集画面右下の「アイキャッチ画像を設定」から設定することができます。, パーマリンクについて詳しい説明は「【やさしく解説】WordPressのパーマリンクの変更手順とおすすめ設定」に記載していますので合わせてご参考ください。, 公開範囲を設定することもできます。公開ボタンを押してパスワード設定することができます。, パスワード保護設定をしたページについては、パスワードを知っている人だけがページを閲覧できるようになります。, WordPressの投稿には、投稿記事をジャンル分けするためのカテゴリー機能と、投稿記事をタグ付けするタグ機能があります。, カテゴリーとタグを活用することで、サイトの利便性が向上し検索エンジン対策にもなるので、WordPressでブログをする方はぜひカテゴリーとタグを利用していきましょう。, WordPressのカテゴリーは投稿の各記事をカテゴライズ・グルーピング化するための機能です。各投稿記事を下記のようにカテゴライズ(グルーピング)することができます。, 通常、投稿一覧や記事中にカテゴリ名が表示されており、リンクをクリックすると、そのカテゴリに該当する投稿一覧を見ることができます。, カテゴリーに関する詳しい説明は、「【徹底解説】WordPressの投稿カテゴリーの使い方と設定方法」をあわせてご参照ください。, タグは投稿の各記事をタグ付けするための機能です。タグとは「ふだ」「商品の値段・材質・製造会社名などをしるした札」です。WordPressにおいては「投稿記事を分類するために付ける小さな札」と思うと良いでしょう。, タグに関する詳しい説明は、「【徹底解説】WordPressのタグの使い方と設定方法」をあわせてご参照ください。, 投稿の一覧表示の件数は、初期状態では10件になっています。ここでは、投稿の一覧表示件数を変更する方法をご紹介します。, 以上で、設定は完了です。変更後の表示件数が設定した数字と合致しているか確認しておきましょう。, 具体的には、タイトルのあと、冒頭文から始まり、各論→まとめ→誘導・関連記事などの順になります。, 冒頭のリード文では、訪問者に記事の要点・記事を読んでわかることを述べます。次に「各論」で、訪問者に伝えたいことを具体的に細かく説明します。最後に「まとめ」を述べる、という順番になります。, 文章を書くことが苦手な方や初心者は、上記を参考にブログ記事の構成を考えて、記事を書いていくのがおすすめです。, 詳しくは「【Webライティング基本】初心者のためのブログ記事の書き方まとめ」をあわせてご参照ください。, 今回は、WordPressの新エディター「ブロックエディター」版での投稿の使い方・書き方について説明しました。, WordPressの基本的な使い方を「【2020年度版 WordPress使い方総まとめ】ワードプレスの使い方を徹底解説」にまとめました。WordPressの使い方をしっかり覚えたい方はあわせてご参考ください。, ●【2020年度版 WordPress使い方総まとめ】ワードプレスの使い方を徹底解説, 個別指導形式のスクールでは、自分の知りたいことをピンポイントで学習・達成でき、自分で更新もできるというメリットもあります。

犬 キシリトール 嘘 4, 賀来賢人 配偶 者 11, 侍 子供 海外の反応 48, カカオ 電話番号 登録 できない 10, 農工大 編入 数学 19, ハイエース 窓 型紙 4, 荒野行動 名前 例 12, 高校生 身長 伸びない 53, トランス センタータップ 等価回路 4, ポケモン剣盾 シンボルエンカウント 色違い 19, Dvdラベル 決算 忠臣蔵 14, Egg ひとみ 高校 4, 化物語 大暮 まとめ 19, 髭男 Laughter 読み方 11, Youtube 画面録画 できない 12, Ps4 セーブデータ コピー 7, A列車で行こう9 ライセンス認証 1911 9, Dmr Bcw560 Youtube 4, ポケモンxy タマゴ 孵化 自転車 10, Xmedia Recode エンコード 1秒 6, 首都大学東京 足切り 2019 5, 中学受験 理科 暗記教材 10, 軍師官兵衛 動画 22 10, 水槽 新しい 砂利 7, 児童扶養手当 満額もらう には 9, 通勤 バイク 400 5, 犬 顎の下 たるみ 7, 天皇杯宮城県 予選 2020 8, Wrx S4 Siドライブ 5, Nze121 アイドリング 低い 4, モンハン ワールド:アイスボーン ギャラリー 7, Mornin' Plus 違い 20, Pubgモバイル ロイヤルパス プレゼント 12, ハソクジン 誕生日 3月4日 10, アーチャー伝説 スキル 最新 11, Sqlserver Tempdb 枯渇 4,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


× seven = 28