vcenter server 再起動 影響 4

0

昨日環境を用意し、vSphere ClientからvCenterに接続したところ問題なく接続できていたのですが、, 再起動したことが原因なのか、vCenterのサービスが起動していないことに気が付き、, サービスからvCenterのサービスを起動しようとしたところ、以下のようなエラーメッセージが表示され、起動することができませんでした。, エラーメッセージで検索したり、vCenterのサービス関連のKBは一通り試したのですが、解決しませんでした・・・。, 今回はView 関連のコンポーネントでも同じSQL Serverを使用しているのではないかと推測して、, (それらのインストール中にSQL Server の設定を変更しているかもしれない、ということで ), ODBC および DSN エラーが発生し、vCenter Server インストールに失敗する (2078550) | VMware KB, vCenter Server installation fails with ODBC and DSN errors (1003928) | VMware KB (原文), あるいは、いったんvCenter→SQL Serverの接続で使用しているユーザのパスワードを変更してしまうのも, vCenter Server データベースのユーザー ID およびパスワードの変更 (2073916) | VMware KB, Changing the vCenter Server database user ID and password (1006482) | VMware KB (原文), あと、環境構築したのが最近とのことですので、いっそのことVCを再構築してしまうこともできるのかもしれませんが、, もし現状の環境で試行錯誤するようであれば、いったんVCの仮想マシンでスナップショットを取得してからトライすると, vCenter のサービスが起動できないようなので、まずは vpxd.log ファイルを再確認してみるとよいと思いました。, vCenter Server ログ ファイルの場所 (2078751) | VMware KB, View Composer もインストールしているようなので、個人的にはSQL Server を何か設定変更していないか(vCenterのvpxdから接続できていそうか)も. The directory is not empty. vCenter Server Appliance のダイレクト コンソール ユーザー インターフェイスにログインします。 [管理ネットワークの再起動] を選択して、Enter を押します。 F11 を押します。 vCenter Server Appliance 管理インターフェイスで、 [サマリ] をクリックします。; トップ メニュー ペインから、 [アクション] ドロップダウン メニューをクリックします。 仮想マシンを再起動またはパワーオフするには、 [再起動] または [シャットダウン] をクリックします。 環境: OS:Windwos Server 2016 Standard vCenter Server 6.7 vCenter Serverのインベントリから追加済みのホストを削除せずにvCenter Serverをアンインストールしてしまいました。 その状態で同じPCにvCenter vpxd. Win32 exception:Stack overflow(スタック オーバーフロー), そのようなインスタンスでは、ホストから仮想マシンを削除するか、または vCenter Server データベースをクリーンアップするまで vCenter Server を再起動できません。安全性を考慮して、vCenter Server データベースをクリーンアップするのではなく、ホストから仮想マシンを削除することを検討してください。, 注:vCenter Server を再起動したあとで、vSphere Client インベントリに仮想マシンを表示して、仮想マシンのコンテキスト メニューで [インベントリから削除] オプションを無効にすると、vCenter データベースから仮想マシン エントリを手動で削除する必要があります。, CloneVM_Task を使用した読み取り専用仮想マシンのデプロイが失敗する vCenter Server で CloneVM_Task を使用して読み取り専用仮想マシンをデプロイすると、デプロイが VirtualCenter 2.5 および vCenter Server 4.0 で失敗する場合があります。たとえば、読み取り専用ディスクを持つ仮想マシン A が仮想マシン B にクローン作成され、仮想マシン B は仮想マシン C にクローン作成された場合、クローン作成操作が [ fault.CustomizationPending.summary] というエラー メッセージで失敗します。ただし、仮想マシン B が仮想マシン C にクローン作成される前にパワーオンされている場合は、クローン作成操作は正常に完了します。また、仮想マシンをクローン作成でカスタマイズしたあと、その仮想マシンをパワーオンしたときに、ゲストのカスタマイズ サイクルが一度だけ実行される場合があります。 このような症状は、仮想マシンに VMware Tools がインストールされていない場合、または VMware Tools の古いバージョンが実行されている場合に発生します。 回避策:, 回避策:クラスタで DRS を無効にしたあと、vMotion のアップグレード処理を実行します。, HA エージェントにエラーがあります。HA エージェントとの通信時にタイムアウトが発生しました。, [2009-08-06 03:54:41.358 0xf7b9ab90 error 'App'] [MIGRATE] (1249555939468000) VMAP error in CompleteSource [2009-08-06 03:54:41.361 0xf7b9ab90 verbose 'App'] [VpxVmomi] Invoke error:vim.host.VMotionManager.completeSource session:521e2b88-6177-ff48-cdf4-8af2932abac0 Throw:vpxapi.DasCommunicationFault, <データ センター> の <クラスタ> の <サーバ> の HA エージェントにエラーがあります 。, このエラーは、vSphere Client のイベント ログとホストの [サマリ] タブの両方に表示されます。, 回避策:この問題は、RHEL ゲスト OS で稼動している Kudzu サービスが原因で発生する場合があります。カスタマイズ後に Kudzu サービスがターゲット仮想マシンで起動すると、このサービスが新しく追加されたハードウェアとして NIC を検出し、デフォルトの DHCP 設定を適用して、固定 IP 設定ファイル ifcfg-ethxを ifcfg-ethx.bakとして保存します。この問題を解決するには、ソース仮想マシンで Kudzu サービスをオフにしてからカスタマイズを行います。次のコマンドを実行して Kudzu をオフにします: /sbin/chkconfig --level 345 kudzu off, Service failed to respond in a timely manner.(サービスの応答がタイムアウトしました。), このメッセージは、vCenter Server のシャットダウンまたは起動には、サービスの開始または停止のための構成済みのシステム全体のデフォルトのタイムアウトよりも長い時間が必要であることを示しています。, 回避策:数分待ってから [サービス制御] 画面を更新すると、サービスが正常に停止および再開されたことが示されます。, Symbolic link points to missing files.(シンボリック リンクの参照先ファイルがありません。), VMware vCenter Server 4.0 Update 4a リリース ノート, vSphere 4.0 および vCenter Server 4.0(ESXi 4.0 Embedded エディション), vSphere 4.0 および vCenter Server 4.0(ESXi 4.0 Installable エディション), vSphere 4.0 および vCenter Server 4.0(ESX エディション), ESX 4.0 Update 1 以降および vCenter Server 4.0 Update 1 以降, ESXi 4.0 Update 1 Installable 以降および vCenter Server 4.0 Update 1 以降, ESXi 4.0 Update 1 Embedded 以降および vCenter Server 4.0 Update 1 以降, http://www.vmware.com/jp/download/vsphere/open_source.html, Oracle Java SE Critical Patch Update Advisory of June 2012(Oracle Java SE 重要パッチ アップデート報告 2012 年 6 月), vCenter Server、vSphere Client、および vSphere Web Access, Windows Server 2008 で、vCenter Server 4.0 および 4.0 Update 1 のインストール処理が完了しない場合がある, Terminal Server が実行中の場合、vCenter Orchestrator のインストールが失敗する, 「FK_VPX_EVENT_ARG_REF_EVENT is not a constraint」 というエラーで vCenter Server データベースのアップグレードに失敗する, VirtualCenter Server を vCenter Server 4.0 にアップグレードすると、ESX ホストおよび仮想マシンの概要パフォーマンス チャートが表示されない, vCenter へのアップグレード後に、過去 1 週間の統計 rollupvc40 SQL Server ジョブの実行が失敗する, vCenter Server を DE ロケールにインストールしたあとの DB2 データベースの問題, DB2 データベースを使用する 32 ビットまたは 64 ビットの Microsoft Windows Server 2003 にインストールされた DE ロケールの vCenter Server に関するパフォーマンス チャート問題, パフォーマンス チャートの概要から vSphere データベース サーバへの接続の問題, クラスタまたはリソース プールの概要パフォーマンス チャートが表示されない場合がある, vSphere 4.0 Update 4a コンポーネントをインストールするコンピュータの名前には、ASCII 以外の文字を使用しないでください。, vCenter Server をインストールするコンピュータまたは仮想マシンの名前には、ASCII 以外の文字を使用しないでください。使用した場合、vCenter Server のインストールは失敗します。, すべてのコンポーネントについて、インストーラで指定されたデフォルトのインストール パス名を使用するようにします。インストール パスは変更しないでください。インストーラは、ASCII 以外の文字および拡張 ASCII 文字を含むインストール パス名をサポートしません。, データストア名、仮想ネットワーク名、およびイメージ ファイル名(CD、DVD、およびフロッピー ドライブ)は、ASCII 文字のみに制限されます。, vCenter Server へのログインは、ユーザー名(Windows のログイン アカウント名)に ASCII 文字を使用している場合のみサポートされます。, ASCII 以外の文字を使用すると、イメージのカスタマイズが失敗する場合があります。, 一般的なインターネット プロトコルに従って、次の項目には ASCII 以外の文字は使用できません。ホスト名、ワークグループ名、ドメイン名、URL、E メール アドレス、SMTP サーバ名、SNMP コミュニティ文字列。, ASCII エンコーディングを使用するゲスト OS のカスタマイズがサポートされていますが、UTF-8 エンコードの日本語、中国語、またはドイツ語のネイティブ文字を使用するカスタマイズのサポートが制限されています。非 ASCII エンコードの所有者、組織、ユーザー名、またはパスワードを使用するカスタマイズの場合、vCenter Server および sysprep ツールがゲスト OS と同じロケールにホストされる必要があります。この制限には、UTF-8 エンコードの応答ファイルが含まれます。, vCenter Server を言語が異なる Windows で実行中の vSphere Client で管理する場合、Windows における言語固有のサポート状況の違いが原因で、文字が正常に表示されない場合があります。, ASCII 以外の文字を含むログの場所またはユーザー名がエラー メッセージに含まれる場合、ローカライズされた環境では正常に表示されません。, vCenter Server にログインしているときに、vSphere Client で [ SSL エラーが発生したため、要求に失敗しました] というエラー メッセージが表示される場合があります。, vCenter Server にログインしたあと、ESX ホストの [ハードウェアのステータス] タブと [ストレージ ビュー] タブが入れ替わって表示される場合があります。, タスクを最初にスケジュール設定してから実行時間を編集したスケジュール設定タスクがあり、, vCenter 2.0.x を vCenter Server にアップグレードしたあと、スケジュール設定タスクを編集して保存します。この処理では、タスクの, Windows の VMware VirtualCenter Server サービスを停止します。, 新しい vSphere Client インスタンスを開き、vCenter Server にログインします。, ホストのライセンス キーにカーソルを移動して、使用可能な製品およびアドオン機能を参照します。, vSphere Client を使用して、ESX/ESXi ホストに直接接続します。この回避策では、直接接続する必要があります。, 各仮想マシンの設定を編集して、無効な vDS ポートから仮想マシンを 1 台づつ移行します。これにより、仮想マシンへのネットワーク接続が長時間切断されます。, [ホスト] - [構成] - [ネットワーク] - [分散仮想スイッチ] の順に選択して、[削除] を選択します。, vCenter Server システムに接続されている vSphere Client で、ホストのネットワーク設定を更新します。これでエラーはなくなります。, SAN、ローカル、または iSCSI ボリュームを一時的に使用して、Storage vMotion で RDM の仮想マシン ディスクをフラットまたはスパースのディスク タイプに変換します。, 再度 Storage VMotion で、変換後のディスクを SAN、ローカル、または iSCSI ボリュームから NFS ボリュームに戻します。, [管理] - [vCenter Server 設定] - [ランタイム設定] にある vCenter Server 名を変更する, [管理] - [vCenter Server 設定] - [詳細設定] にあるキー VirtualCenter.VimApiUrlおよび VirtualCenter.VimWebServicesUrlの URL を新しいシステム名に置き換える, バージョンのフィールドで、[SLES10] または [SLES11] のいずれかを選択します。, [スタート] - [設定] - [コントロール パネル] - [ユーザー アカウント] の順に選択して [ユーザー アカウント] ダイアログ ボックスを開きます。, [スタート] - [すべてのプログラム] - [VMware] - [vCenter Server リンク モードの構成] の順に選択します。, 管理者レベルの権限のコマンド プロンプトで vCenter Server インストール ディレクトリに移動します。, 新しいキーを追加するか、既存のキー guestcust.always-use-vmountを変更して、値を true, キーとして 「 config.migrate.test.CpuCompatibleWithHost」 と入力し、値を false に設定して、[追加] をクリックします。.

豚肉 ごちそう レシピ, サクラ エディタ 暗号化, 漢文 初心者 本, スカイリム セラーナ 治療 日数, 犬 名前 和風 丸, 遊戯王 2010 環境, 唐 揚げ 藤沢 駅, 講談社 図鑑 セット, Fgo ユーザー数 2020, 水 耕 栽培 種 違い, 東芝 エアコンリモコン 故障, 地球温暖化 5 年生, Pdfの 枠を 消 したい, Bin/sh Adb Command Not Found, スターウォーズ スカイ ウォーカー の夜明け, 水樹奈々大いに唄う 伍 動画, ドラえもん 映画 ランキング なんj, コーヒー豆 消臭 期間, Cocoon サイドバー 表示されない, ビエラ リンクが 突然 でき なくなっ た, 免許証 住所変更 警察署, タガタメ ランクアップ 盾, 癌 励まし メール, ウクレレソロ 楽譜 ジブリ 無料, 社会人 勉強時間 アメリカ, ポケロケ 二条 駅 西口, タガタメ クロエ 欠片, Pdfの 枠を 消 したい, 講談社 図鑑 セット, 漢文 句法 願望, の い 美容室 料金,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


× seven = 28