surface 液晶 ムラ 7

0

いつもはきれいな画面を映し出しているパソコンの液晶画面なのに、何故かピンクになったり、青みがかったり、黄色く見えたり、色むらが出ることがあります。 昨年のAmazonサイバーマンデーに、冬のボーナスをはたいてSurface Pro 7を買った。キーボードとペンも付属して、しめて130kなり。, 主目的は、これまでモバイル用途に使ってきた(頭痛が痛い構文)オンボロVAIO tap 11の買い替えで、つまりは出先でちょちょっとテキストを書くことだった。, ぶっちゃけ私は絵描きではないのだけど、必要に迫られて絵を描く破目にはなっている。具体的には、自作ゲーム用のイラストを自前で用意する破目にだ。, 絵師さんに頼めば諭吉はいくらでも飛んでいくが、自分で描くなら設備投資費用だけで済む。もっとも、その分クオリティはお察しなんだけど、まあなんとか、それらしい絵を描く技術を身に付けるしかない。, 実のところ、私は高校くらいまではアナログで絵を描いていた。当時の私の勉強机は描いている途中の絵と画材で埋め尽くされていたので、もっぱら居間で勉強をしていたくらいだ。, しかし高校卒業後、実家を出て自分のPCを手に入れてからは、板タブを使ってデジタル絵ばかり描いていた。アナログ画材をごっそり実家に置いてきてしまったからだ。, まあ、もっともここ数年は、絵を描く機会なんて半年に一回もあるかどうかという感じではあったのだけど、単純な年数で言えば私はもはやアナログ歴よりデジタル歴の方が長い。しかも板タブの。, 液タブに向いている人の傾向として、アナログでの経験が長い人というのがある。逆に、はじめからデジタル画材でしか絵を描いていなかったような人が液タブを使う利点はあまりない、とも。, さて、私はどっちだろう。Surfaceで落書きをして、いまいちぴんとこなかった自分を振り返って、ふと考えたのだった。, とはいえ買ってしまったものはしょうがない。まだ落書きしかしていないのだし、真面目にきちんと線画を描いて色を塗ってみれば、印象も変わってくるかもしれない。, そんなわけで、ゲーム用のイベントスチルを一枚、真面目にSurfaceで描いてみた。, しばしば液タブの代替として挙げられるiPadユーザーなんかは、「寝転びながらでも絵を描ける!」とかのたまうことがある。, そうだ、よく考えたら私は寝ながら絵を描いたことなんてないのだった。絵を描くときは、だいたいきちんと机に座って、画用紙にかじりつくようにして描いていた。, というわけで、今度はちゃんと、机に座って、Surfaceにかじりつきながら絵を描いた。ラフから下描き、線画。おお、これは、なかなかいける。, もちろんSurface、ないしは液タブを使ったからといって絵が上手くなるわけではない。道具を変えたからといって、技術はまったく変わらない。, 画面に直接、ペンをなぞらせて描き込める。するとどうなるか。動作としてのストロークと、実際の描線の位置が一致する。ダジャレではない。, これまでの私の絵の描き方というと、こと線画の作業に時間がかかっていた。思う通りの線が引けないのだ。具体的には、思う通りの位置に線が引けない。, Surfaceはこの問題をいとも容易く解決してくれた。ありがとうMicrosoft、ありがとうビル・ゲイツ。, 例えば背景を描くときには、クリスタのツールであるパース定規(この間ようやく使い方を理解した)を使うのだけど、パース定規で作ったガイドをもとに、均一な線を引いていく作業は、デスクトップPCの広い画面の方が私はやりやすい。, また、ゲームのイベントCGというのは差分がつきものだけれども、差分イラストをきちんとフォルダ分けして管理するのにも、Surfaceの画面サイズはいささか狭く感じる。, というような流れになった。クリスタにはクラウド同期機能があるので、複数端末間でのファイル共有もらくらくだ。, 線画にかける時間が減ったことで、私の中で「絵を描く」という作業に対するめんどくささが幾分やわらいだ気がする。, 特に、私は髪の毛を描くのがめちゃくちゃに苦手なのだけど、Surfaceを使うことで、あの、何度も何度も何度も何度も何度も何度も描いてはアンドゥし描いてはアンドゥしを繰り返していた、髪の毛のストロークを一発で引けた感動といったら。, おかげで、髪の毛の線画だけでなく髪の毛の塗りまで好きになりそうだ。塗りはこれまでどおりデスクトップでやってるんだけどな。, これはSurfaceに限らず、充電や電池が必要なタイプのスタイラスペンを使う形式のタブレットでは共通の課題らしいのだけど、めちゃくちゃにジッターが気になる。, きれいに下描きの線をなぞろうとすると、自然とストロークの速度もゆっくりになるけれど、するともう、わかりやすいくらい線がブルブル震える。生まれたての子鹿か。, しかしこれは、私の問題もあるかもしれない。私はめちゃくちゃに手首が貧弱なので、普通に長く一本の線を描こうとしてもグニャングニャンになるのだ。, 手首が強靭で、しっかりした線を引ける人なら、あるいはそれほどジッターは気にならないかもしれない。, もちろんペチペチした打ち心地ではあるのだけど、キーピッチが私にはめちゃくちゃに合っている。, 残念ながらそのおかげで筆が進むとまではいかないのだけど、少なくともキーボードの打ち心地が気になって手が止まるということはない。, というわけで、この先何年かは、このSurfaceを相棒に字を書いたり絵を描いたりしていきたいと思う。, サポートをしていただけると私がたいへんよろこびます。 Copyright © 2006 - 2020 the比較 All rights reserved. 自サイト:, https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2DBRPE55L3SQC?ref_=wl_share. Core i5-1035G4、8GBメモリ、128GB PCIe SSD これまで 2 回の連載で、Surface Book の基本性能や使用感を検証してきた当連載。最終回の今回は、ディスプレイに着目して検証を加えた。すると、ノート PC として使用するには十分に優れた性能が見えてきた。, 今回は、使い勝手や処理能力以上に重要なディスプレイを中心に Surface Book の実力を検証したいと思います。ディスプレイの性能は、カバーできる色空間の広さだけではわかりません。視野角の広さ、色ムラや輝度ムラの少なさなど、要求される性能はいろいろあります。ノート PC はモバイル性を重視しているので、どうしてもディスプレイの性能は「ガマン」する感じになりがちですが、Surface Book のディスプレイは、sRGB をカバーすると言われています。さてその実力はどうなのでしょうか?, また、ここまで触れてこなかった Surface ペンや、キャンバスモードでの使い勝手もご紹介したいと思います。, デスクトップ PC 用のディスプレイは、Adobe RGB を 100% 近くカバーするくらいに広色域のモデルが主流になっています。しかしノート PC のディスプレイは、消費電力や重さの問題からそこまでの性能は出せません。Adobe RGB よりも狭い色域の sRGB をカバーできないモデルが多く存在します。, では、Surface Book はどこまでの色を再現しているのでしょうか? sRGB をカバーしているかどうかは、i1 のような測色計で計測するのが一番わかりやすい方法です。今回使用した i1Display Pro は、実売価格 3 万円代半ばというリーズナブルなモデルでありながら正確な計測ができます。もう少し手軽に購入できる ColorMunki Display というセンサーもあります。, X-Rite 社の i1Display Pro(左)と ColorMunki Display, i1Display Pro と i1Profiler で計測・作成したプロファイルを、Mac の ColorSync ユーティリティで sRGB と比較してみました。ディスプレイの発色色域は、立体の形状で表わされるため平面図では少し見づらくなります。この図は、色の要素のうち色相(色合い)と彩度(鮮やかさ、色の濃さ)がわかる方向から見た形です。わかりやすくするために Surface Book の色域の上に sRGB の色域を白く重ねてあります。この結果を見ると赤と紫の一部が不足していますが、緑やシアンは sRGB をオーバーしています。sRGB の色域を回転させたようにずれているので多少の誤差があるのかもしれませんが、sRGB をほぼカバーしているのがわかります。私が、普段使用しているノート PC の測色結果と比較して下さい。同じように sRGB を重ねていますが、すっぽり中に入っています。ブルー以外は、sRGB をカバーできていません, 計測したプロファイルを、白色で示した sRGB の色域に重ねて比較。左が Surface Book のプロファイル, Surface Book のディスプレイは、ノート PC としては優秀な部類に入ります。ここまでの色域をカバーしているモデルは少ないと思います。もちろん最終的には、しっかりキャリブレーションされた外付けディスプレイでの確認が必要ですが、撮影現場での確認ならば十分な性能です。, 最近の液晶ディスプレイは、LED を光源として使用しているモデルがほとんどです。輝度を高く、コントラストを大きくできる上に、輝度ムラを少なくできるからです。しかし、ノート PC の場合は、軽量化とデザインのためにディスプレイの厚みが非常に薄くなっています。そのためパネルに輝度ムラがあるモデルが少なくありません。, Surface Book のディスプレイの輝度ムラをチェックしました。Photoshop を使いディスプレイに RGB 各色 128 のグレーを表示させた状態をデジタルカメラで撮影しました。ここでも比較のために、私が普段使用している 15.6 インチの Windows ノート PC を同じ状態で撮影しました。こちらのディスプレイも決して粗悪なものではありません。液晶には角度によって明るさや色が変化しにくい IPS 液晶を採用しているモデルです。, Surface Book の方は、ほとんどムラを確認できません。下の部分に少し暗いところが見える程度です。ベゼルの幅を考慮するとかなり優秀です。もう一方の 15.6 インチのノート PC は、左右が暗くなっているのがわかります。さらに四隅はかなり落ち込んでいます。明るさだけでなく、少し色ムラも感じます。, 今度は、グレーのグラデーションを表示させて階調のつながりを確認します。このグラデーションは Photoshop で作った画像なので、階調再現が悪いと表示にトーンジャンプを起こします。性能が低いモデルでは、ところどころ色が浮いて見えることがあります。この表示を見る限り、大きな問題は見当たりません。素直な再現性を持っています。, IPS 液晶ディスプレイは、見る角度が変わっても輝度や色度の変化が少なく、画像を確認するのに向いています。特に問題なのは色味が変化することと、コントラストが変わることです。正面から見たものと、約 30° と約 45° 斜めから見たものを下に掲載します。角度がつくと少し輝度が低く、暗く見えるのは仕方ありません。写真で見ると差が大きく見えますが、実際にはここまで大きく変化しません。ポイントは 45° の角度でも、階調がしっかりして破綻していないことです。, ここまでディスプレイの基本性能を 4 つのポイントから確認しました。Surface Book のディスプレイは、ノート PC としては、かなり使える性能を持っていると言えます。, では、正確な色表示という点ではどうでしょうか。Surface Book は、出荷時にハードウェア的にキャリブレーションをしているということで、i1Display Pro の計測結果から色温度 6500K で工業製品に使用される D65 に設定されているようです。そのためノー PC によくある青みがかった表示にはならず、グレーがちゃんとグレーに見えます。D65 の光源下であればデフォルトのままでも使用できそうなくらいの状態ですが、さらに正確な表示をするにはキャリブレーションが必要です。, i1Profiler と i1Display Pro とを使ってソフトキャリブレーションした Surface Book と、ハードウェアキャリブレーションされた ColorEdge を比べてみました。ColorEdge は、Surface Book の外部ディスプレイとして接続してあります。Surface Book は i1Profiler を使用してソフトウェアキャリブレーションしました。ColorEdge は ColorNavigator でハードウェアキャリブレーションしています。ディスプレイを拡張表示させて、Photoshop で複製した画像をそれぞれに表示しています。, 色域の広い Adobe RGB をほぼカバーする ColorEdge と並べても、かなり近い状態にキャリブレーションされています。Surface Book の方が少しコントラストが高いように感じますが、これは、キャリブレーションソフトの設定が、モニターネイティブ(固有のコントラストをそのまま活かす)になっていたためです。元々の特性が良いのでしょう。i1Display Pro でソフトウェアキャリブレーションをかけても素直に補正ができ、階調破綻を起こしにくくなっています。, ノート PC はプロファイルでソフト的に RGB を調整するが、この調整値のグラフが「キャリブレーションカーブ」である。RGB が直線的に近いほどデフォルトの特性が良いことになる, 最近のディスプレイは、スマートフォンやタブレットも含めて発色が良すぎるものが多く見られます。どんな状態の画像を表示させてもキレイに見えてしまうので、フォトグラファーが使用するにはあまり適していません。Surface Book は素直な特性のディスプレイで、キレイなものはキレイに、発色が悪いものはそれなりに悪く表示してくれます。つまり、画像の品質を正しく評価することができるのです。, ここまで高い性能を持つ Surface Book のディスプレイですが、個人的にどうしても気になる点があります。それはディスプレイの表面処理がグレア(光沢)だということです。, Surface Book をノート PC として撮影時に使用するということは、どうしても屋外や屋内でも明るい場所でのロケを想定しなければなりません。そのようなシーンでは、液晶面への映り込みが気になります。そこで、液晶パネルの保護を兼ねてノングレアタイプのシートを貼ってみました。, 屋内での使用例では、わかりやすいようにわざと窓を写り込ませています。シートなしのグレア状態でははっきり窓が映り込んでいます。撮影したカメラは APS-C サイズのセンサー、レンズの焦点距離と絞りは 35mm、f5.6 で、1m くらいの距離から肉眼でディスプレイを見た時のボケに近いようにしています。窓のヌケ部分はソフトウェア画面の文字が読みにくいぐらいになりますが、窓ヌケになっていないところははっきり見えています。, 一方、シートありのノングレア状態ははっきりした映り込みはありませんが、窓ヌケが映り込んでいたあたりがかなり白くハレーションを起こしたようになっています。また、全体に黒に締まりがなくコントラストが落ちています。, グレア液晶の映り込みは、Surface Book の向きを変えることで減らすことができます。また、黒いシャツを着て正面から見ればずいぶんと見やすくなります。ただし複数のスタッフが画面を見る場合は人によって見づらくなることがあります。ノングレアは、どの方向からでもある程度の見え方は確保できますが、コントラストの低下があります。深めのフードをかけることで白っぽさをおさえることができますが、複数のスタッフが同時に見ることができなくなります。, 念のためシートを貼った状態のカラープロファイルを測定しました。シートあり、なしの両方でキャリブレーションを行ない、できたプロファイルを i1Profiler で重ねて表示しています。少しズレがありますが、ほぼ一致しています。シートによる発色への影響はないようですが、輝度は少し落ちるようです。, テストの結果は一長一短で、どちらがおすすめなのか判断できませんでした。あくまでノングレアシートでの検証です。純正でノングレア液晶が出てくれば、もっと良い結果が出るかもしれません。, さて、最後に Surface ペンについても取り上げましょう。フォトグラファーの作業で便利に使えそうなのは、Photoshop でのレタッチだと思います。ディスプレイを上向きにして本体を折りたたむと、キャンバスモードというペン入力に適した状態で作業ができます。, Surface ペンを使用しているとタッチパネルとしては機能しないので、ディスプレイに手を乗せても反応しません。ペンタブレットと違って、画像に直接描き込んでいく感覚は新鮮です。細かい作業も十分にこなせました。キャンバスモードで Photoshop のショートカットを使うには外付けキーボードが必要となりますが、その一方で、キーボード側に内蔵されている外部 GPU とバッテリーが使えるというメリットもあります。, Surface Book は、ストレージの容量や CPU の種類、外部 GPU の有無などによって 4 モデルが用意されています。ラインナップの価格構成は、エントリーモデルでもリーズナブルとは言いにくいところはありますが、マグネシウム合金の上質なボディや、剛性の高いパネルのおかげで安定感のあるキータッチ、さらに、凝った 2 in 1 の仕掛けであるマッスルワイヤーロックなど、スペックだけでは語れない魅力を備えたモデルです。性能についてはこれまで 3 回にわたって紹介してきましたが、Web 上のテキストと写真だけでは伝えきれないところがたくさんあります。ぜひ実物を見て手を触れていただければ、数字では表せないところをご理解いただけると思います。, 1961 年生まれ。1994 年フリーランス、2004 年ニューヨーク SOHO にて ART GALA 出展、2007 年個展「融和」、ほかグループ展、執筆多数。公益社団法人日本広告写真家協会(APA)理事、京都光華女子大学非常勤講師。, タブレットやノート PC の中には、キャリブレーション結果を反映できなかったり、再起動するとプロファイルを読み込めなかったりとキャリブレーションに対応できない機種があります。Surface Book は、ソフトウェアキャリブレーションを行なうことで、さらに正確な表示が可能です。こういった点からも Surface Book のディスプレイは、グラフィックを扱うのに向いている特性を持っていると言えます。. Core i7-1065G7、16GBメモリ、256GB PCIe SSD NEW! 液晶は、磁気に弱い? モニター・ディスプレイ. 液晶の黒いシミって取れますか? ノートパソコン. 2017/11/16 01:13(1年以上前) ユーザーでは有りませんが、外れを引いた感じですね。 書込番号:21361147. Surface™ Pro 7 / Pro 6 / Pro(第5世代) / Pro 4 に対応した専用ケースや、液晶保護フィルムなど、幅広いラインアップをそろえております。 OL(おっさんずラブではない)しながらBL小説やエロいテキストを書いています 1 点. papic0さん. パソコンの液晶画面は、表示をする系統と画面を明るくする部品系統が異なるため、画面表示系統に故障があると、画面は明るく映っているけれど線が入ったり、表示がずれたり、色むらが出たりします。 表示不良の原因は、液晶パネルそのものにトラブルが起こっているか、表示情報を送る� 液晶モニター側面のムラについて . クチコミ投稿数:41828件 Goodアンサー獲得:11097件. 中古パソコン. 7. pcの累積使用時間の確認. こんにちは、フカヒレです 今回は液晶テレビで度々問題になっている 「輝度ムラ問題」についての記事になります 液晶テレビの輝度ムラとは? まずはこの画像をご覧ください 赤丸の場所が特に「輝度ムラ」 … 昨年のAmazonサイバーマンデーに、冬のボーナスをはたいてSurface Pro 7を買った。 キーボードとペンも付属して、しめて130kなり。 主目的は、これまでモバイル用途に使ってきた(頭痛が痛い構文)オンボロVAIO tap 11の買い替えで、つまりは出先でちょちょっとテキストを書くことだった。 気泡がキレイに抜けるエアレス加工。液晶画面を傷や汚れから守る、防指紋・高光沢タイプのSurface Pro 7、Surface Pro 6、Surface Pro 第5世代、Surface Pro 4用液晶保護フィルムです。, フィルム表面の指紋防止加工により、指紋が付きにくく残った場合でも簡単に拭き取れます。タッチ操作をしても指紋が目立ちにくくなっています。, 高い光線透過率のため、画質を損ねない透明感です。写真や動画の色がきれいに見えます。, 貼る際に気泡が入りにくく、入った場合でも時間の経過とともに気泡が分散され目立たなくなります。また、小さなホコリ等を吸収し画面に気泡が残りません。, シリコン素材の吸着面により、フィルムをはがしても吸着力を損ねずに貼り直すことが可能です。, ※法人様向け「導入ご相談 / 製品・サービスの販売」以外のお問い合わせは、回答致しかねますのでご了承ください。製品に関する技術的なお問い合せに関しましては、下記リンクからお問い合わせください。, 法人のお客様向けのエレコム製品をご活用されている企業様の、導入事例レポートをご紹介します。, ※法人様向け「導入ご相談 / 製品・サービスの販売」以外のお問い合わせは、回答致しかねますのでご了承ください。, Surface Pro 7、Surface Pro 6、Surface Pro 第5世代、Surface Pro 4, 液晶保護フィルム(防指紋高光沢仕様)×1、フィルム貼付用ヘラ×1、ホコリ取りシール×1、クリーニングクロス×1, Surface Pro 7、Surface Pro 6、Surface Pro 第5世代、Surface Pro 4の液晶画面を傷や汚れから守る、指紋防止・高光沢タイプの液晶保護フィルムです。, 光線透過率約92.5%を実現した高光沢フィルムにより、画質を損なわない透明感を実現しています。 ※光線透過率は実力値です。, 鉛筆硬度3Hのハードコート加工により、フィルム表面の傷を防止します。 ※硬度は実力値です。, 貼り付け面にシリコン皮膜をコーティングし、接着剤や両面テープを使わずに貼り付け可能な自己吸着タイプです。貼りやすく、貼り直しも可能です。, 端末にぴったりのサイズにカット済みなので、パッケージから取り出してすぐに使用可能です。, フィルムがキレイに貼れる、専用ヘラと、クリーニングクロス、ホコリ取りシールが付属しています。. その他(パソコン・周辺機器) 6. その他(自然科学) 5. 「マイクロソフト Surface Pro 7」のディスプレイは、鮮やかで綺麗ではありますが、グレア(光沢)液晶なので、写り込みはしやすいです。 画面の写り込みやテカリが気になる方は、 低反射タイプの保護フィルムを貼って対策する方法もあります。 Surface Pro 7は、パソコンとしてもタブレットとしても使用できる2 in 1 PCです。ペンも使用できるので多くの利用シーンに対応できます。キーボード部分が外せるので、タブレット形状にしたときの質量は、他の2 in 1 PCに比べて軽いです。ただし、iPadなどのピュアタブレットよりは重くなります。, Surface Pro 7は、4,096段階の筆圧感知と、傾き検知に対応したペンが使えます。高性能のペンなので、手書きメモやスケッチだけでなく、本格的な描画にも使用できるでしょう。, なお、以前、旧モデルのSurface Pro 6ではありますが、ペンの描き心地について、プロの絵描きさんに評価してもらいました。Surface Pro 7 もペン性能は変わらないので参考になるはずです。詳細は以下のリンク先をご覧ください。, Surface Pro 7 は自立スタンドを搭載しており、キーボードを装着しなくても、画面を好きな角度に調節できます。しかも無段階でかなり傾けることが可能です。ペンを使うときは最大限傾け、YoutubeやNetFlixなどの動画を視聴するときは少しだけ傾けて使う、といったことができます。, 普通のモバイルPCは、アスペクト比が16:9となっていますが、Surface Pro 7 は3:2となっており、縦方向の比率が高くなっています。さらに解像度も2736x1824と高いため、多くの情報を表示できます。Webサイトを見たり、A4サイズのドキュメントを作成する場合など、見やすいです。また、高解像度なので、写真などを見るときにも、より精細な画像の表示が可能です。, Surface Pro 6では、USB Type-Cポートがないのが残念な部分でしたが、やっと搭載されました。Thunderbolt 3には対応していないものの、Power Deliveryおよび映像出力には対応しています。, Surface Pro 6に引き続き、Surface Pro 7でもオフィスソフトが標準付属となっています。付属しているのは、Office Home & Business 2019です。, ただし、既にサブスクリプションのOffice 365を使用しているということもあるでしょう。その場合、必要のないOffice Home & Business 2019の分も機種代金に含まれることになってしまいます。, Surface Pro 7のCore i3/Core i5搭載モデルは、CPUがファンレスとなっています。その影響もあり、短時間で終わる処理はそれほど影響ありませんが、数十分かかるような処理を実行すると、CPUクロックが下がり処理が遅くなります。, ファンがある別のノートPCと比較すると、数分で終わるCINEBENCH R20を実行した場合は、それほど大きくスコアが変わるわけではありませんが、数十分かかるエンコードを実行するとかなり遅いです, なお、ファンを搭載しているCore i7であれば、他のノートPCと同じくらいのベンチマークスコア/処理時間です。長時間かかる処理を実行するならファンを搭載したCore i7モデルがおすすめです。, Surface Pro 7のラインナップは全部で7種類あり、下の比較表にまとめている通りです。Core i3モデルは約10万円とそれほど高くありませんが、構成を上げていくと急激に価格が上がります。例えば、Core i5モデルでメモリが8GBから16GBになるだけで約4万円上がりますし、Core i7モデルでは、ストレージを256GBから512GBに変更すると4万円以上アップしてしまいます。スペックが上がるほど、割高感が強まる感じがします。, Surface Pro 7では、これまでのSurface ProのタイプカバーやSurfaceペンも使用できます。旧モデルのSurface Proから買い替えを考えている場合、既存のタイプカバーやペンをそのまま使用できます。, なお、新しく発売されたタイプカバーは、高級なアルカンターラ素材のポピーレッドとアイスブルーで、ペンも同色のものが販売されています。, まず、液晶サイズ、液晶種類、ボディサイズに変化はありません。質量もほぼ同じですし、価格設定にも新旧の変化はなさそうです。, 最大の変化は、CPUの世代が新しくなり、最新の第10世代Coreプロセッサーを搭載していることです。また、Surface Pro 6ではなかった、Core i3モデルが登場し、スタート価格が下がったことで、購入しやすくなり、裾野が広がっています。, 各用途の快適度は次のように考えます。もちろん、細かい用途や、ソフトによって快適具合は変わってきますので、参考程度にご覧下さい。, 型番は「LGD MP0 2 LP123WQ112604」となっていました。なお、別の型番の液晶が搭載されることもあるため、ご注意下さい。, 前述しましたが、アスペクト比3:2となっているのが特徴で、解像度も2736x1824と高いです。最大輝度も、当サイトの計測で、399cd/m2と高いです。ただし、光沢液晶である点は好みが分かれると思います。, 色域はやや狭いです。当サイトの計測ではsRGBカバー率が96.5%、sRGB比が97.1%でした。, カラーマネージメントツールによるガンマ補正曲線は下図のようになっています。どの色もほぼ1:1の直線となっており優秀です。自然な発色であることが分かります。, 正確な計測方法ではありませんが、今回確認した限りではフリッカーは感じませんでした。, Surface Pro 7のタイプカバーは別売りとなっており、旧モデルのSurface Proのタイプカバーも使用できます。Surface Pro 7 の発売に合わせて、アルカンターラ素材のポピーレッドとアイスブルーが発売されましたが、今回はアイスブルーのタイプカバーを確認します。, 実測で、キーピッチは横:約19mm、縦:約18.5mm、キーストロークは約1.3mmと標準的な数値で、普通の打ち心地です。ただし、Surfaceはキーボードの下側に空間ができるため、キーを押すとやや"たわみ"ます。また、タイプ音がややうるさいです。, Alcantara(アルカンターラ)素材は、手触りが良く、温かみのある素材です。金属や樹脂で出来ている通常のノートPCのパームレストは、外気やPC内部の発熱具合によって、ひんやりしたり、熱かったり、不快に感じるときもありますが、このタイプ カバーはそういった影響を受けにくく、安定した環境でタイピングできます。, また、パームレスト部分に飲料水などをこぼしても、拭き取れば綺麗になります。ただし、裏面は割と水を吸い込むので注意しましょう。もちろんキーボードにこぼした場合は故障の原因となりますのでこちらも気を付けましょう。, 通常のノートパソコンの電源モードは「高パフォーマンス」になっていますが、Surface Pro 7 の電源モードはデフォルトで「推奨」になっていました(ファンレスであることを考慮した設定かもしれません)。, 「推奨」だと処理性能が1割くらい落ちてしまうので、ここでは、他のノートPCと同様に「高パフォーマンス」にして各種ベンチマークスコアを計測しています。, CPUは、内蔵グラフィックスが強化された第10世代Coreプロセッサー(Ice Lake)を搭載しています。今回は、Core i5とCore i7でベンチマークなどを計測しています。, Core i5の場合、数分で終わるCINEBENCH R20はまずまずのスコアですが、ファンレスであることが影響し、数十分かかるエンコード時間が他のPCよりも遅いです。, Core i7の場合、ファンを搭載しているため、それ相応のベンチマークスコア&処理時間かなと思います。, 大きな負荷のかかる作業をしなければ、Core i3やCore i5でも大丈夫ですが、負荷の高い作業をするのであればファンを搭載したCore i7がおすすめです。, 前述の通り、Core i5のエンコード時間は、同じCPUを搭載した他のPCよりも長いです。Core i7であれば、想定の範囲内のエンコード時間です。, Core i5は、ターボブースト後、CPUクロックは約2.4GHzで推移していますが、2分30秒を過ぎたあたりで、CPUクロックが約1.8GHzまで急激に落ち、その後約1.5GHzまで落ちます。この影響で、2~3分で終わるベンチマークはそれほど低いスコアではありませんが、エンコードのように数十分かかるような処理は、他の同等製品よりも時間がかかります。, ファンが搭載されているCore i7-1065G7のモデルは、そこまでクロックは下がりません。, Core i5、Core i7は、性能が強化されたIntel Iris Plusのグラフィックスを搭載しており、Intel UHD 620よりも高いベンチマークスコアになっています。ただ、それでもGeForce MX250よりは性能が大分劣るため過度な期待は禁物です。, micro SDカードのみ対応しています。カード挿入後の出っ張りは無く、しかもスタンドの内側にあるため、カバンにPCを入れているときに、勝手にmicro SDカードが出てくることはないと思います。, USB Type-Cポートを利用して、純正品以外の充電器やドックが使えるか試した結果を、下表に掲載します。, 5V充電器は使えなかったものの、18Wの小さい消費電力のPower Delivery対応の充電は使用できました。DisplayPort映像出力も可能でした。Thunderbolt 3には対応していません。, なお、純正品以外の機器で充電し故障しても、当サイトでは責任を負えませんのでご注意下さい。, 質量は、Core i3 / i5モデルが約775g、Core i7モデルが790gとなっています。, 当サイトで計測した質量は次の通りです。本製品はタイプカバーと一緒に持ち歩く方がほとんどだと思いますが、このときの質量は1084gでした。最近のモバイルノートと比較すると標準的な質量かなと思います。, バッテリー容量は43Whです(ソフト上から確認したので誤差があるかもしれません)。, バッテリー状態のデフォルト設定も、電源モードは「推奨」となっていました。そのため、ここでは他のノートPCと合わせるために「高パフォーマンス」にしてバッテリーを計測しました。, バッテリー駆動時間は次のようになっています。標準的なバッテリー駆動時間だと思います。Core i5とCore i7モデルのバッテリー駆動時間はそれほど変わらないのかなと思います。, 以下、静音性、パーツの温度、表面温度、消費電力を計測していますが、搭載するパーツの種類によって結果は変わります。, Core i5モデルはファンレスであるためほぼ無音です。Core i7モデルは低負荷時はほぼ無音ですが、負荷が高くなると動作音が聞こえます。それでも低めの騒音値だと思います。, 各パーツの温度のチェック結果です。もし、あまりにも温度が高いと、パーツの寿命や動作の安定性に影響します。, ファンありのCore i5モデルは、ターボのースト時は100℃近くまで温度が上がりますが、その後は70℃台にまでさがります。さらに2分30秒くらい経過すると、CPUクロックが下がり、60℃台にまで温度は低下します。処理は遅くなりますが、温度の面では大丈夫ではないかと思います。, 本体の表面温度のチェック結果です。もし、表面温度が高すぎると、作業中に手のひらが熱くなり、不快になります。, 動画再生程度の負荷なら、手に持っていてもそれほど熱さは感じません。さすがに動画編集やエンコードなどを行うとボディ全体がやや高めの温度になり、手で持つとやや熱いと感じます。, 消費電力のチェック結果です。数値は変動しますが、確認できた最も高い数値を掲載しています。, スピーカーは、両サイドにあります。音質は比較的良く、勝手に点数をつけると、10点満点で6点といったところです(音質についての評価はあくまで主観です。ご了承下さい)。, 側面には、USBポート、USB Type-C、ヘッドフォン、Surfaceコネクトポート等があります。また、無線LANは11ax(Wi-Fi 6)に対応しています。, ポート類は少ないので、拡張性が必要な場合は、Surfaceコネクトポートに接続するSurface Dockを利用するといいでしょう。, Surface Pro 7は、Ice Lakeの第10世代Coreプロセッサーを搭載した、新しいSurface Proです。, ボディサイズや質量には旧モデルからの変化はほとんどありませんが、USB Type-Cポートを搭載するなど、完成度は高まっています。, タブレットとして使える点、高性能のペンが使える点、アスペクト比3:2の高解像度液晶を搭載している点などは、従来の特徴を引き継いでいます。, Ice Lakeを搭載することで、Core i5やCore i7搭載モデルでは、グラフィックス性能がやや向上しています。また、先代にはなかったCore i3モデルも登場しています。ただ、Core i3 / Core i5はファンレスとなっており、静音性は高いですが、長時間かかる処理は苦手なためご注意下さい。RAW現像やエンコードのような高い負荷をかけるならファンを搭載したCore i7モデルがいいと思います。, また、LTE非対応、Microsoft Officeの有無を選択できないことも、デメリットとして気になる部分です。, 約10年間にわたり、年間100機種以上、パソコンを細かくチェックしている筆者がおすすめするノートパソコン。, 情報等の内容の正確さ、適切さに関して、いかなる保証も致しません。万一、本サイト上の情報等の内容に誤りがあった場合でも、一切の責任を負いかねますので、ご了承下さい。, TMPGEnc Video Mastering Works 7 によるエンコード時間(x265), TMPGEnc Video Mastering Works 7 によるエンコード時間, 液晶のアスペクト比が3:2と縦の情報量が多く、スペックも十分で、快適に作業できます。ただし、液晶が光沢であるため映り込みがあります。, スペックは十分で液晶も綺麗です。特にキーボードを外して、タブレットのみで自立できるため便利です。, Windows PCとしてはペン性能が高く、イラスト制作向きです。スタンドを最大限に開いて、タブレットをテーブルに対して垂直の状態からかなり傾けられる点もGoodです。, 現像・編集処理自体は快適にできるでしょう。ただし、大量のRAWデータを一度に現像する場合、Core i7-9750Hよりは遅くやや待たされます。RAW現像などを行うなら、ファンを搭載したCore i7をおすすめします。, Intel Iris Plusを搭載し、グラフィックス性能が上がっているとは言え、本格的にやろうと思ったら、スペック不足です。外部グラフィックスを搭載したノートPCをおすすめします。ただし、家庭で簡易的な動画編集を行う程度なら大丈夫でしょう。ただし、その場合、ファンを搭載したCore i7をおすすめします。, Intel Iris Plusを搭載することで、軽めのPCゲームやブラウザゲームならできると思います。ただし、本格的にやるなら、GeForce GTX 1650以上の外部グラフィックスを搭載したPCをおすすめします。.

Linux 容量確認 Du 7, ドラゴンズドグマ ダークアリズン おすすめパーティー 6, Ijcad Mobile Lt 6, Ps3 Bluetooth パスキー 6, レグザタイムシフト 認識 しない 14, ハイキュー To The Top 13話 無料 5, エムエー 不動産 迷惑電話 22, ギボムス 動画 Pandora 20, 三協アルミ 面格子付 サッシ 5, 韓国 金融制裁 早く 26, Opencv 34 違い 8, バンドリ ランク 平均 28, ドラゴンボール超 銀河パトロール囚人編 ネタバレ 59 12, 車 灰皿 場所 7, 赤ちゃん ノースリーブ 着せ方 7, イン バウンズプレー バスケ 4, プロスピa ストレート 動く 23, Jis 製図 線種 5, 3 外国語 かっこいい 5, エコキュート ドレン 詰まり 4, α6500 瞳af 動画 5, アイアン アドレス 手首の角度 6, Windows10 ドングル 認識 しない 9, Uniraku Ps4&switch用有線と無線コントローラー変換アダプター 使い方 6, Xperia 8 指紋認証 7, バンドリ 炎上 モルフォニカ 18, アイラーセン Tub Sofa 8, コンフィデンスマンjp 美術商編 ネタバレ 10, Python Opencv 動画 分割 17, パワプロ 能力 表示 7,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


× seven = 28