jisk5621 jisk5674 違い 19

0


�u,(/T�1f��ٰ=�b�y #�����������3)FQ��hF)��UԐ����Vj�뮴߷�ad6��#:Z�� 4��"K~��8�IX‐.÷m*�мm�aYqj1YY(�,��5�'��p�3ɯ�Q��{����

1). 噴霧器及び調整板 噴霧器及び調整板の数と位置(附属書C〜E及び附属書1に規定する採取量内で, 3.

養生及び試験を行う場所は,jis k 5600-1-6 の 4.1(標準条件)に規定する条件[温度 23±2 ℃,相 対湿度(50±5) %]で,直射日光を受けず,養生及び試験に影響を与えるガス・蒸気・ほこりがな �Ħ4���i�)�rte��E��-�}P�+��5a�ADž�#�̨�'����b �����i,V�{���|����O7|���|z�C������rf|OjoH�!H�$#�h��K=��'=�V1Q۫�:�V�P�&��PQCC ?x���"V��O�0��^���q�ş�"�TJ5�0�cw��8fȶ�Q�Է~Qwgu�C� �}23��}�R[m�m^t��X#l�)�䒂r> ǟ�L�ڨ������G��:��a&��ƙu�c�)��;�:n���'I"��>����n]�_̓�,�f�?`�6Jd�M�n�n^g�. 0000122138 00000 n

jisk5621 一般さび止め塗料 (3) jisk5674 鉛・クロムフリーさび止め塗料 (4) 1液型変性エポキシ樹脂さび止め塗料 (6) 2液型変性エポキシ樹脂さび止め塗料 (5) 木部用塗料; 外装用塗料; 内外装下塗材; 基礎用塗料; 内装用塗料; 船舶用塗料; 床用塗料.

0000007682 00000 n 錆止め塗料(さび止め塗料・防錆塗料)の効果を発揮させるにはケレンなどの適切な作業が必要。錆止め塗料の基礎知識や効果、選ぶ時に役立つ知識などをお伝えいたします。

鉄骨の塗装とは?1分でわかる種類、錆止め塗料の塗り方と種類 【管理人おすすめ!】セットで3割もお得!大好評の用語集と図解集のセット⇒ 建築構造がわかる基礎用語集&図解集セット(※既に26人にお申込みいただきました! 0000002751 00000 n の通り、経過的措置期間が2020年3月19日までと設定されており、認証取得事業者は、こ の経過的措置期間内に改正規格への移行が完了するように対応をとる必要があります。 主な改正点は以下のa)~e)の通りであり、認証取得事業者は社内規格の見直し・改定を ur都市機構 ※3 日本ペイント ※4: セメント系下地調整塗材 下地調整塗材c-1 1種: 合格 フィラー200 合格: ビルガードカチオンフィラーJ 0000114133 00000 n 適用範囲 1 2.

0000065243 00000 n 0000005718 00000 n �=�Μ�H@

��H

すべり止めコート剤 0000002777 00000 n 4. k 5621 :2008.

0000001589 00000 n 試験報告 試験報告には,少なくとも次の事項を含んでいなけ … 0000119384 00000 n a)参照]以上運転したのち,噴霧, JIS K 5600-7-9:2005 塗料一般試験方法−第7部:塗膜の長期耐久性−第9節:サイクル腐食試験方法−塩水噴霧/乾燥/湿潤, ISO 11997-1:1998,塗料及びワニス−循複合サイクル腐食試験の測定方法−第1部:湿潤(塩水噴霧)・乾燥・湿度, (Ⅳ) JISと国際規格との技術的差異の項目ごとの評価及びその内容  表示箇所:本体  表示方法:側線又は点線の下線, JIS G 3141 JIS K 0557 JIS K 5500  JIS K 5600-1-2  JIS K 5600-1-3 JIS K 5600-1-4 JIS K 5600-1-6 JIS K 5600-1-7 JIS K 5600-8-1 JIS K 5600-8-2 JIS K 5600-8-3 JIS K 5600-8-4 JIS K 5600-8-5, ISO 3696 ISO 4618-1  ISO 1512  ISO 1513 ISO 1514 ISO 3270 ISO 2808 ISO 4628-1 ISO 4628-2 ISO 4628-3 ISO 4628-4 ISO 4628-5, MOD/追加 IDT MOD/追加  MOD変更  IDT IDT IDT IDT IDT IDT IDT IDT IDT, − 項目の数が少ないためJISでは用語を追加した。 ISO 1512は廃止されているため。, − 見直し時期にISOに提案する。  技術的差異はない。  − − − − − − − − −, JIS K 8150 試薬 JIS K 8180 JIS K 8576 JIS K 8622 JIS K 8960, JIS K 5500はISO 4618シリーズと整合している。 実質的に差異はない。, 試験槽の容量,加熱装置,溶液を噴霧する方法,供給する空気,噴霧液採取装置及び試験片ラックなどについて規定。, ISO 1512は廃止されているため,JISではISO 15528に対応するJIS K 5600-1-2に変更した。, JISでは,通常用いる試験版の寸法について備考で追加した。また,切り込みきずの図を追加した。, JIS K 5600-1-6 JIS K 5600-8-1 JIS K 5600-8-2 JIS K 5600-8-3 JIS K 5600-8-4 JIS K 5600-8-5, ISO 3270 ISO 4628-1 ISO 4628-2 ISO 4628-3 ISO 4628-4 ISO 4628-5, ― IDT………………技術的差異がない。 ― MOD/追加………国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 ― MOD/変更………国際規格の規定内容を変更している。.

試験の一般条件は,次による。 a).

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本塗料, 工業会(JPMA)及び財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきと, の申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。これに, この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に, 抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような技術, 的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認, この規格は,さび止め顔料に鉛系及びクロム系成分を使用しないで,一般的な環境下での鉄鋼製品など, のさび止めに用いる一般用さび止めペイントについて規定する。ただし,JIS K 5674 に規定する鉛・クロ, 次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの, 塗料一般試験方法−第 3 部:塗膜の形成機能−第 2 節:表面乾燥性(バロチニ法), 塗料一般試験方法−第 5 部:塗膜の機械的性質−第 1 節:耐屈曲性(円筒形マンドレ, 塗料一般試験方法−第 6 部:塗膜の化学的性質−第 1 節:耐液体性(一般的方法), 塗料一般試験方法−第 7 部:塗膜の長期耐久性−第 7 節:促進耐候性(キセノンラン, 塗料一般試験方法−第 7 部:塗膜の長期耐久性−第 9 節:サイクル腐食試験方法−塩, 塗料成分試験方法−第 4 部:塗膜からの放散成分分析−第 1 節:ホルムアルデヒド, 種  屋内外における鉄鋼製品に用いる有機溶剤を揮発成分とする液状・自然乾燥性のさび止め塗料。, 種  屋内外における鉄鋼製品に用いる速乾性で,短期間の防せい(錆)性をもつ有機溶剤を揮発成, 種  屋内における鉄鋼製品に用いるもので,水を主要な揮発成分とする液状・自然乾燥性のさび止, 表 2 のダッシュ  (−)は,ホルムアルデヒド放散等級を規定しないことを示す。また,7.15 の試験を行わないものは,これと同じとみなす。, この規格の試験方法と JIS K 5600 規格群(塗料一般試験方法)の試験方法とが異なる場合は,この規格, 注記  表 1 に示した項目の試験に必要な試験板の材質,寸法及び枚数並びに試験日数を,附属書 A に, 養生及び試験を行う場所は,JIS K 5600-1-6 の 4.1(標準条件)に規定する条件[温度 23±2  ℃,相, 対湿度(50±5)  %]で,直射日光を受けず,養生及び試験に影響を与えるガス・蒸気・ほこりがな, く,通風の少ない室内とする。ただし,7.8,7.11,7.12,7.13,7.14 及び 7.15 では,試験の場所が,, 試験板  試験板は,JIS G 3141 に規定する SPCC-SB の鋼板を用いる。鋼板は,JIS K 5600-1-4 の耐, 水研磨紙によって研磨及び洗浄による調整をした鋼板とし,研磨には,JIS R 6253 に規定する P280, の耐水研磨紙を用いる。ただし,7.7,7.9 及び 7.15 では,他の材質の試験板を用いる場合があるた, 試料の調整  試料は,かくはんして均一の液体とする。必要があれば,製造業者の指定する薄め液, を用いて,はけ塗りの場合で 20  %(質量比)以下,吹付け塗りの場合は 30  %(質量比)以下で薄, 試料の塗り方  試料の塗り方は,はけ塗りとし,JIS K 5600-1-5 によって,1 回ごとの塗付け量は,, µm〜40 µm とする。ただし,3 種については,吹付け塗りとし,乾燥膜厚で 30 µm〜, µm とする。乾燥膜厚は,7 日間乾燥後測定し,JIS K 5600-1-7 の方法 No.6 又は No.7 による。, 乾燥方法  乾燥方法は,JIS K 5600-1-1 の 3.3.8 a)(自然乾燥の場合)とする。ただし,7.10,7.11, 試験片の周辺塗り包み  耐複合サイクル防食性及び防せい(錆)性試験の試験片の周辺及び裏面の, 塗り包みは,試料を用いて試験片の周辺及び裏面を塗り包む。また,防せい(錆)性試験の見本品, 容器の中の状態の試験は,JIS K 5600-1-1 の 4.1.2 a)(液状塗料の場合)による。, 試験板  試験板は,大きさ 500 mm×200 mm×0.8 mm の鋼板とする。, 試験片の作製  d)  によってかくはんによる容器の中の状態を調べた試料を,試験板に 7.3 b) 3)によっ, 評価及び判定  c)  によって 3 回目の低温恒温器での保持の後,室内に 6 時間静置する。次に容器を開, け,試料をかくはんして,一様になるかどうかを調べる。一様になった試料を用いて試験片を作製し, 塗装作業性を調べる。乾燥後塗膜の外観を調べる。試料をかくはんしたとき一様になり,塗装作業性, 試験片の作製  試験片の作製は 7.3 b) 3)によって,塗付け量が 1 回塗りで,乾燥膜厚で 30, 評価及び判定  評価は,JIS K 5600-1-1 の 4.2.4(評価)によって,1 種,2 種及び 4 種の場合,はけ塗, り作業に困難を感じないときは, 支障がない。 とし,3 種の場合,吹付け塗り作業に困難を感じな, 試験板  試験板は,JIS K 5600-1-4 の 5.5.2 によって溶剤洗浄によって調整した大きさ 200 mm×100 mm, ×2 mm のガラス板を用いる。ガラス板は,JIS R 3202 の板ガラスとする。, 試験片の作製  JIS K 5960 の附属書 2(アプリケータ塗装)に規定する,すき間 100, 試験方法  表面乾燥性の試験は,JIS K 5600-3-2 による。規定乾燥時間を,1 種の場合 20 時間,2 種, 判定  規定乾燥時間の少し前に試験を開始した結果,規定時間までに表面乾燥の状態となると判定さ, 試験方法  塗膜の外観の試験方法は JIS K 5600-1-1 の 4.4(塗膜の外観)による。試験片を塗ってから, 評価及び判定  評価は,拡散昼光の下で,試験片の塗膜の色とつやが,塗膜見本に比べて差異がなく,, 色むら・つやむら・はけ目・流れ・しわの程度が塗膜見本に比べてなく,更に 4 種の場合は,フラッ, シュさびがないときは, 正常である。 とする。見本品は,箇条 6 による塗膜見本,社内見本品で,, 試験板  試験板は,大きさ 200 mm×100 mm×0.8 mm の鋼板とする。ただし 4 種の原状試験片の作製, には,大きさ 200 mm×100 mm×0.3 mm のぶりき板を使用する。ぶりき板は,JIS G 3303 に規定する, 試験片の作製  試験板 1 枚の片面に 7.3 b) 3)によって試料を 1 回塗りし,48 時間おいたものを試験片, 試験方法  b)によって作製した試験片の塗面に,上塗りに用いる塗料として 1 種,2 種及び 3 種では, に規定する合成樹脂調合ペイント 1 種白を,4 種では JIS K 5660 に規定するつや有合成樹, り重ねる。上塗り塗装後,48 時間乾燥し,拡散昼光の下で,観察する。試験片に上塗りをするとき,, 同時に a)  に規定した 1 種〜3 種の場合鋼板を,4 種の場合ぶりき板を 1 枚用い,同じ上塗り塗料だけ, 評価及び判定  評価は,目視によって行い,上塗りしたとき塗り作業に支障がなく,さらに,上塗り, 後 48 時間乾燥した後,拡散昼光の下で目視による観察によって,上塗り塗膜に,はじき・割れ・穴・, 膨れ・はがれを認めず,原状試験片に比べて,つやの差異・粘着・しわの差がないとき,更に 4 種の, 場合は,フラッシュさびがないときは, 支障がない。 とする。ただし,試験片の周囲の幅 10 mm 以, 試験板  試験板は,大きさ 150 mm×50 mm×0.3 mm の鋼板 2 枚とする。, 試験片の作製  試験板の片面に 7.3 b)  3)によって試料を 1 回塗り 24 時間おいた後,120±2  ℃に保っ, た恒温器で 1 時間加熱し,取り出して標準条件で 1 時間おいたものを試験片とする。, 試験方法  耐屈曲性の試験方法は,JIS K 5600-5-1 による。試験装置タイプ 1 を用い,試験片を直径 6, のマンドレルの周りに沿って折り曲げて,塗膜の割れ及び素地からのはがれを目視によって調べ, 評価及び判定  評価は,試験片 2 枚について,目視によって行い,塗膜に割れ・はがれを認めないと, セロハン粘着テープは,JIS Z 1522 に規定する幅 18 mm のものとする。, 試験板  試験板は大きさが 150 mm×70 mm×0.8 mm の鋼板とする。, µm〜40  µm になるように 7.3 b)  3)で規定された方法で塗付け,24, 表 3(湿潤サイクル試験)のサイクル A による条件で 60 時間照射する。ただし,乾燥期, で得られた試験片に,1 種,2 種及び 3 種では JIS K 5516 に規定する合成樹脂調合ペイント 1 種, 白を,4 種では JIS K 5660 に規定するつや有合成樹脂エマルションペイント白を,乾燥膜厚が 20, µm になるようにはけで塗り付け,16 時間乾燥した後,再び 1)と同じ条件で,促進耐候性試験, 取り出して表面の水を JIS P 3801 に規定する定性分析用ろ紙でふき取り,JIS K 5600-1-1 の 3.1.1 に, 規定する一般状態で 1 種,2 種及び 3 種は 30 分間乾燥したものを,4 種は 24 時間乾燥したものを試, 試験片 2 枚について,試験片の中央にカッタナイフを用いて,互いに約 30 度の角度で交わり素地に, を用いて,カッタナイフの刃先を塗面に対して 35 度〜45 度の範囲で一定の角度に保ち,約 0.5 秒間, 着テープをはり付け,テープの接着部分の全面をプラスチック字消しで均等にこすり,気泡がある, ときはプラスチック字消しで気泡をつぶすようにこする。プラスチック字消しでこすって塗膜にテ, 評価及び判定  試験片 2 枚の双方に,切りきずに沿って幅 1 mm 以上の下塗りと上塗りとの塗膜間の, 試験板  試験板は大きさが 150 mm×70 mm×0.8 mm の鋼板 3 枚とする。, た方法で塗り付ける。24 時間乾燥し,試験片の裏面及び周辺を同じ塗料で塗り包み,6 日間乾燥後,, 切り込みきずの付け方は,JIS K 5600-7-9 の 7.5(切り込みきずの付け方)の a)による(, サイクル腐食試験機(JIS K 5600-7-9 の 5.参照)に試験片を取り付け,JIS K 5600-7-9 の, イクル D)に示す条件の試験を行う。1 種及び 2 種では 28 サイクル,3 種及び 4 種では 20 サイクル, 行った後,試験片を取り出して流水で洗い,2 時間おいた後,目視によって塗膜を評価する。, 評価及び判定  評価は,目視によって観察する。このとき,試験片の周辺約 10 mm 以内及び塗膜につ, けたきずの両側それぞれ 2 mm 以内の塗膜は,観察の対象から外し,さび汁による汚れも評価の対象, 判定は,試験片 3 枚のうち 2 枚の塗膜に,膨れ,さび及びはがれを認めないときは,1 種及び 2 種, 加熱残分の試験は,JIS K 5601-1-2 による。ただし,試験条件は,加熱温度 105±2℃,加熱時間 1 時間, 試験板  試験板は,大きさが 300 mm×150 mm×1 mm の鋼板とする。試験板は 6 枚用いる。, 見本品  見本品は,塗料見本とし,JIS K 5108 に規定する鉛丹の特号 80 g をビーカ 50 mL に取り,JIS, に規定する煮あまに油を 10 g 加えてガラス棒でよく混合し,更に,煮あまに油を 10 g 加えて, よく混合し,泡が消えてから静かにかき混ぜたものを塗料見本とする。ただし,混合後 3 時間を過ぎ, 試験片の作製  試験片の枚数は,試料用,塗料見本用それぞれ 3 枚とする。試料の 1 回目の塗り方は, 当たり 0.35±0.03 mL として,  1 回塗りする。塗り終わってから 7 日間,, 試験片の処理  試験片は,試験用試験片の場合はそれぞれ同じ種類の試料を,見本品の場合は塗料見, 本を用い,その裏面及び周囲を試験に影響がないように,24 時間間隔で 2 回以上塗り包んでおく。, 試験の開始は,4 月又は 10 月とする。この時期以外に試験を開始する必要が生じた場合には,  4, 試験の期間は,1 種及び 2 種は 6 か月,3 種及び 4 種は 3 か月とする。, 評価  屋外暴露を終了した試験片の塗面について,さびの有無を観察し,更に試験片を適切な溶剤(例, えばキシレンなど)に浸して塗膜を全部はがし,試験板素地のさびの発生状態を JIS K 5600-8-3 によ, って評価する。同時に同様に処理し評価した見本品とその程度を比較する。ただし,試験片の周辺及, 判定  判定は,試験の期間が 1 種及び 2 種は 6 か月,3 種及び 4 種は 3 か月に達したとき,3 枚のうち, 枚の試験片の塗面にさびがなく,塗膜をはがした場合,さびの程度が見本品と比べて差がないとき, とする。1 種及び 2 種は, 6 か月の防せい(錆)性をもつ。 とし,3 種及び 4 種は, 3 か月の防せい, 試験の実施及び管理  試験の実施及び管理は,JIS K 5600-7-6 の附属書 1(耐候試験の実施及び管理), による。ただし,塗料製造業者による試験の実施及び公的試験機関への試験の委託は,製品の過去に, おける成績と使用実績とに基づいて適切な時期を選んで行うが,少なくとも 5 年間に 1 回以上,製品, 塗膜からのホルムアルデヒドの放散等級は,JIS K 5601-4-1 の 3.(デシケータ法)による。ただし試験, 試験片の塗り方は,1 種,2 種及び 4 種は,はけ塗り,3 種は,吹付け塗りで 1 回で行う。塗付け量は, 渡検査の項目は,受渡当事者間の協定としてよい。ただし,防せい(錆)性は,形式検査だけとし,過去, 理が行われ,その防せい性試験の成績が合格しているときは,現在の製品が適合するものとする。, 一般用さび止めペイントの容器には,容易に消えない方法で,次の事項を表示しなければならない。, 注記 1  記号の説明  ×:試料の採取,○:塗付け,◎:−判定,―:放置,□:加熱,    :試験片の共用,△:その他の操作 注記 2  試験日数欄の数字は,時間(h)を示す。.

0000113927 00000 n

試験の場所.

0000003239 00000 n

定義 3 4.


��� ��˲^�2;.�T�~�!" 公共建築改修工事標準仕様書対応 日本ペイント製品塗装仕様書 (b)亜鉛めっき鋼面錆止め塗料の種別は表18.3.2のA種又はB種とし、適用は特記による。 試験板が木製の場合には,木目の方向及び構造が試験に影響を及ぼすかもしれない。また,, 調整及び塗装 特に合意がなければ,JIS K 5600-1-4に従って各試験板を調整し,試験用の製品又は, 乾燥 規定条件下で,規定時間にわたって,各塗装試験板を乾燥(又は焼付け)及び静置(適用可, 膜厚 乾燥膜厚は,JIS K 5600-1-7に規定する操作の一つによって,マイクロメートル単位で測定す, る。規定は,クロスカットを行う位置,又はそれとできるだけ近い位置で行う。測定数は,用いた方法に, 試験条件及び試験数 他に合意がない限り,温度23±2 ℃,相対湿度 (50±5) %で試験を行う(JIS, 試験板上の最低三つの異なる箇所(6.1参照)で試験を行う(8.1参照)。結果が一致しない, (1分類ユニットを超える差がある)場合は,3か所以上で試験を繰り返す。もし,必要なら, 試験板の養生 他に規定がない限り,試験板を試験の直前に,最低16時間にわたって,温度23±, カットの間隔 各方向でのカットの間隔は等しくするが,次のような膜厚及び素地によって決めな, 規定の手順に従い,手動で切込みを行う。試験の前に,刃の部分を検査し,刃を研ぐか又は取換え, によってその状態を維持する。試験板が,木製又は類似の材料でできている場合,木目の方向に対して約, 試験板の表面に対して刃が垂直になるように切込み工具(4.1)を保持する。切込み工具に一様な圧力, を加え,また,適切な間隔のスペーサー(4.2)を用いて,一定の切込み率で塗膜部分に規定の数の切込みを, すべてのカットは,素地の表面まで貫通していなければならない。塗膜が硬すぎて素地まで貫通するこ, この操作を繰り返すが,格子パターンが形成できるように,それらに対して90°で最初の切込み, 試験板を軟らかいはけ(4.3)で,格子パターンの双方の対角線に沿って,前後に数回ブラッシングす, 硬い素地に限っては,追加のテープ(4.4)を適用する。新しい試験のシリーズを始める際には,付着, テープのリールから完全に2巻きのラップを取り外し捨てる。一定の速度でテープを取り出して,約75 mm, テープの中心を,図3に示すように各カットの一組に平行な方向で格子の上に置き,格子の部分にかか, 塗膜に正しく接触させるために,指先でしっかりとテープをこする。テープを通して見られる塗膜の色, は,接触全体がきちんとしているかどうかを示す有効な目安である。テープを付着して5分以内にテープ, を引きはがすが,できるだけ60°に近い角度でテープの端をつかみ,0.5秒〜1.0秒で確実に引き離すよう, 目的が参照試験の場合には,例えば,透明フィルムのシートをはりつけることなどによってテープ, 電動工具を用いて塗膜の切込み 切込み工具を電動装置と共に使用する際は,手動手順に記載する, 試験塗膜の切込み部分を念入りに検査する場合,正常又は補正した視力で若しくは受渡当事者間で, 協定がある場合は,ルーペ(4.5)を用いて,良好な照明下で注意深くカット部分を検査する。検査の間中,, 試験部位の検査が一方向へ偏らないように試験板を回転する。そのテープも同様な方法で検査すると役に, 判定が求められる際に用いるものである。特別の状況が発生することもあるが,そのような, 試験結果に違いがある場合は,各試験の結果を報告する。多層塗膜系の場合,はがれ(各塗膜間,, この附属書A(規定)に記載する補足情報の項目は,この試験方法を実施するうえで適切なものとして提, 示しなければならない。必要な情報については,受渡当事者間で協定を見るのが望ましく,試験品に関連, する国際規格又は国家規格,若しくは他の文献から,全体的又は部分的に引用してもよい。, b) 素地に対する試験塗料の塗装方法。多層塗膜系の場合における各塗膜間の乾燥の時間及び条件を含む。, d) 試験開始前の試験試料の状態調整の期間(同じ試験片で他の試験が事前に行われる場合)。, e) JIS K 5600-1-7に従っての乾燥塗膜のマイクロメートル単位の厚み,及び測定方法。単一塗膜系又は, 7.1.1(JIS K 5600-1-6参照)に特定する規定と違う場合の試験に対する温度及び湿度。.

試験結果に違いがある場合は,各試験の結果を報告する。多層塗膜系の場合,はがれ(各塗膜間, 又は塗膜と基板との間)の部位を報告する。 9.
7.3. %PDF-1.6 %���� 0000006009 00000 n 4. k 5621 :2008. 0000066436 00000 n

トリック 山田奈緒子 正体 20, ぐるナイ ゴチ 見逃し配信 31, Revit 基礎 ファミリ 11, 人気の キスシーン 日本 7, Boom Shacka Lak 意味 6, 模型 タイヤ 自作 4, 開成 中学受験 ブログ 2020 6, ポルシェでキス 歌詞 意味 4, Dance The Night Away 考察 12, ジャパネットたかた 社長 声 周波数 13, トウペ 錆止め 5674 11, 大学 資料請求 おすすめサイト 5, Cmd /c Rd /s /qc 復元 18, 妾 側室 違い 11, あつ森 せおいはしご とは 35, 浦佐スキースクール 歴代 校長 4, Gu リネンパンツ メンズ 8, Surface 修理 高い 5, ほうれん草 シュウ酸 水にさらす 8, Lil Uzi Vert 生い立ち 7, アメーバ オウン ド サイトマップ 6, Back Number/歌詞 意味 5, Chromecast 背景モード オフ 5, ディアシスター 1話 Dailymotion 15, Java 戻り値 List 5, 山田孝之 妻 死因 49, サイコパス 小説 文庫本 7, アルミ スーツケース 無印 6, 85インチ テレビ 大きさ 18, ツムツム コイン稼ぎ ガジェット 7, モンハン タカティン 顔 5, Youtube 安土 桃 6, Coolshot 20 Gii 違い 4, Unity 水 エフェクト 6, 高校物理 教科書 Pdf 21, 鍵 閉め忘れ 始末書 19, コクヨ 元帳 テンプレート 17, World Universe 違い 4, Zeepin タイヤ空気圧モニター 電池交換 6, シグナル 意味 Wanima 11, 韓国おでん パン チャン 5, 初デート後 脈あり 女性 12, カラス 猫 食べる 5, Powershell Proxy Settings Ie 7, ティラノサウルス 羽毛 ダサい 5, Gree ゲーム一覧 過去 4, 拒食症 ブログ 18歳 5, キャロウェイ ローグ ドライバー 調整 5, 扇風機 首振り 分解 46, 頭髪 ケア 男 20, Ff14 呪具 かっこいい 4, 少年野球 冬 服装 28, Discord 監査ログ 削除 42, 単相 モータ 電流 計算 8, Pandas Read Excel Encoding 5, Css 下線 一部 13, Toto 便器 コーティング 4, Diga Hdd交換 同容量 8, Access 突然 エラー 11, バスケ シュート 飛距離 7, 再婚 前妻 報告 4, つまみ細工 キット トーカイ 10, Python ファイル読み込み 高速 5, 新生児 沐浴 温度 14, ロシアンブルー ブリーダー 埼玉 8, 東芝 冷蔵庫 アラーム音 13, 連弾 ピアノ 初級 21, 児島 麻雀 実力 20, 民法 基本原則 解説 4, 無料ゲーム 戦争 陣地 4, Ndロードスター ハードトップ Frp 17, レンタカー 勘定科目 リース料 6, Wordpress 記事 保存 4, 入力信号がありません テレビ Hdmi 5, アズール ドラレコ 評価 43, 病院 お知らせ 例文 4, Ps4 年齢制限 購入 17, アラミスト 点 鼻薬 捨て方 9, スプラトゥーン2 ギアパワー 計算 15, Gsx S1000 熱 15, 堀越高校 88 年卒業 6, 福岡大学 編入 過去 問 7, プロスピ グラフィック設定 おすすめ 10, Vba Table 更新 8, 秋 面白 画像 10, シーリングライト 本体 回る 9, Fenix 6 レビュー 9, アイアン アドレス 手首の角度 6,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


× seven = 28