7mhz 21mhz ツェップアンテナ 4

0

7MHz用ツェップアンテナ. Copyright © 2020 Fusion Field All Rights Reserved. ツェップアンテナは、普通のダイポールアンテナと違い給電点がエレメントの端にあり、簡単に張れるため、移動運用に持ってこいのアンテナです。まあ7MHzのフルサイズは結局20m超えちゃいますが笑, さて、ツェップアンテナを製作するにあたり、学校の図書館でCQ出版の「実用アンテナ製作とアンテナタワー建設」という本を借りました↓↓, 自分でMMNANAを使って確認したら65pFと8.1uHでした。 <カテゴリ:アンテナ> コンディションが悪い中、国内qsoがメインとなっている7mhzで、垂直ダイポールは、飛ばない、聞こえない、台風でフルサイズに伸ばせない、など使い勝手が悪い状態でしたので、臨時に仮設でき、ホームでも移動でもつかえるツェップアンテナを製作する事にしました。 2019 Sibyl-Coral(シビュラ コーラル)~サンゴの卵を全自動回収するシステム~. 最終更新日:2014年1月18日 このアンテナは、ドイツの飛行船ツェッペリンに搭載されたアンテナの給電部を今よく使われている同軸ケーブルで給電できるようにLCマッチさせたアンテナです。ツェップ風アンテナ、ツェップライクアンテナといった呼び方があるようですが、ここでは単に「ツェップアンテナ」と呼ぶことにします。 なぜ今回このアンテナを製作しようと思ったかというと、移動運用の際に簡単に張れるアンテナが欲しかったのと、ニュー … 2019年もよろしくお願い致します。, 今回の記事は私が年末年始に製作したツェップライクアンテナについてご紹介したいと思います。, 新入生の皆さん、僕らアマチュア無線クラブでは局員を募集しております。みんなでアマチュア無線技士の資格を取って無線しませんか? アマチュア無線同好会のゆーすけです。 ツェップアンテナ(Zepp' antenna (short for Zeppelin))とは、アンテナの一種である。エンドフェッドアンテナの一種でもある。ツェッペリン飛行船に搭載されたことからこの名が付けられた。, 最低使用周波数の2分の1波長の導線(エレメント)の一端から、はしごフィーダー線を用いて給電する。特性インピーダンスが600オームのフィーダー線を用いて、アンテナカップラーを通して同軸ケーブルに接続することが多い。, ツェップアンテナは、最低使用周波数の整数倍の周波数で共振する特徴がある。例えばアマチュア無線においては、3.5MHz帯または7MHz帯を最低使用周波数とすれば、14MHz帯、21MHz帯、28MHz帯の全てで使用が可能である。同軸ケーブルが普及する以前には多く利用された。しかし、使用周波数の高調波でも共振することから近隣のテレビ受信機などに電波障害を発生する可能性が高く、また現在ではツェップアンテナと同等の寸法でさらに利得の高いアンテナが開発されているため、ほとんど用いられていない。, ツェップライクアンテナ、ツェップ型アンテナなどと呼ばれ、給電部にLC回路を用い同軸ケーブルで給電する電圧給電アンテナがある[1]。アンテナの両端が電圧の腹となる為に、タワーなどから1/8λ以上離した方が良い(性能や調整の点で)。このタイプのアンテナは、大手メーカーから販売されており自作も行われて利用者も少なくない。「J-pole antenna」にも利用されている。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ツェップアンテナ&oldid=59305826. [1] "特選 ハムのアンテナ製作集"、CQ出版社、 ~7MHz帯用電圧給電型(ツェップ・ライクな)アンテナの製作~ キーワード; EFHW(End Fed Half Wavelength)アンテナ 1/2λ片側給電型アンテナ 1/2λ電圧給電型アンテナ ツェップライクアンテナ. コンディションが悪い中、国内QSOがメインとなっている7MHzで、垂直ダイポールは、飛ばない、聞こえない、台風でフルサイズに伸ばせない、など使い勝手が悪い状態でしたので、臨時に仮設でき、ホームでも移動でもつかえるツェップアンテナを製作する事にしました。, 材料は40φの塩ビパイプと、1.5φのマグネットワイヤー(PEW線)です。 マグネットワイヤーを22ターン巻いて、11.3uHのインダクタンスとなりましたので、これに、5.1KΩのダミー抵抗を付けた状態で、7100KHzに共振するように、コンデンサの値を調整します。 調整した結果は、左下の配線図のようになりました。, 22Pは3KV、10Pは1KV耐圧の村田製です。 この状態で最小SWRは1.3くらいでした。, このユニットを高さ8mのベランダから2mくらい横に突き出した棒の先端に吊り下げ、そこから、LANケーブルを割いて取り出したAWG24のワイヤーを約20m伸ばし、水の無い池の上に展開し、7100KHzでSWR最小になるようワイヤーをカットした結果、切りすぎて最小SWRは7150KHzで1.3くらいになりました。 7200KHzではSWR1.5くらいですが、7000KHzでは、2.5くらいになってしまいました。もう少し低い方へシフトしたいのですが、調整は次の機会にして、とりあえずこのまま使います。, このアンテナを使い、自作のトランシーバーによる1st QSOがSSB,CW,AMいずれも成功しました。, このツェップアンテナと従来の垂直ダイポールを比較すると、5エリア、6エリアや3エリアの局はツェップの方がSで20dBくらい高く受信できます。 1エリアの局は+10dBくらい、7や8エリアの局はあまり変わらない状況です。 4エリアはスキップして入感なしでした。 国内QSOなら、垂直ダイポールは不要というのが判ります。, このアンテナは臨時仮設用ですから、平日は、片づけてしまいます。また移動運用するときは、ポールとこのアンテナを持っていく事にします。, 次の週に再度架設するに当たり、給電部を10mの高さまで上げ、水平に約10m、さらに直角に折り曲げながら、斜めに約10m引き下ろし、一番端の高さが3mくらいになりました。 この際、ワイヤーの長さを前回より54cmほど長くした状態で測定したSWRは左のようになりました。, 投稿日時 2020年9月27日 (日) 11時01分 アンテナ | 個別ページ. こちらは真のツェップアンテナです。グラ研のグラスファイバーポールとサガ電子の釣竿で上げます。絶縁材のポールを使うのでオープンワイヤーでも問題がありません。さらに、下側にチューナを配置できるので調整が容易です。  FT-817NDは、最大でも5Wの出力しかありませんので、7MHzのCWでの運用を目標とします。(・・・というか、ネットで調べた昨今のアマチュア無線事情から7MHzのCWしか相手が見つからないのでは・・・)  JO1CPT Amateur Radio Station.さんのサイトのシミュレーションで必要なインダクタンスを求めると40μH程度となりました。KQE0.5sqを適当に50回巻いてLCメーターで見てみると50μHを超えています。この状態からアンテナを組み立ててコイルを解きながら調整することにします。, VU管用のエンドキャップにM型コネクタのメスを固定します。屋外利用するので上部キャップはシリコンで防水します。, 50回巻いた状態でGigaStとリターンロスブリッジで共振点を見てみると4.9MHz付近となりました。コイルの巻き数がかなり多いことがわかります。コイルの巻き数が多い状態では、アース代わりのカウンターポイズをつけないと共振点がはっきりしなかったのですが、コイルを解いていくとカウンターポイズなしでも十分な共振が得られるようになりました。このあたりの原理は良くわかりませんが、途中からカウンターポイズなしで調整しています。, 調子に乗って30回巻まで減らしたら同調点が7.500MHzまでいってしまいました。半田でつないで巻き戻しして、最終的に半分の34回巻きとして7.040MHzに共振点をもってきました。この状態ならCWで運用する7.000〜7.030までSWRが十分に下がるはずです。ただ、アースまたはカウンターポイズなしで動作するとは思えませんので、実際に取り付けたときに調整が必要となりそうです。, ホイップアンテナ固定金具で使用できるように下部キャップのM型コネクタをねじ式に変更しました。内部は、コイルを上部コネクタの芯線と下部コネクタの芯線に接続して下部コネクタのアース側からカウンターポイズを接続する短いリードを取り付けました。, VU管の長さを調整して完成です。単体のインダクタンスを測定すると33.8μHとなりました。先に紹介したWebでコイル単体のインダクタンス計算で得られる値に近い値です。ただ、ローディングコイルのインダクタンスとして、計算で得られた値よりも少ない値です。もともとのアンテナが多少短縮設計されているので、単純な計算とおりにはならないのでしょう。また、設置場所や設置方法でも必要なインダクタンスが変化すると思います。, 早速ベランダに設置してみました。エレメント先端が上の階のベランダに当たるので斜め45度で設置しました。リターンロス開放時にGigaStでフラット化して実際のリターンロスを見てみると約-23dBとなりました。SWRで1.15程度となります。同調点は若干高い周波数にずれています。再び、カットアンドトライするのも面倒なのとバンド内も何とか使えそうなのでこのままとしました。カウンターポイズも10mのワイヤー3本をベランダに適当に広げました。, 局免も準備できたのでCWで試験電波を出してSWRを見てみました。迷惑をかけないように1Wの出力で測定しました。まったくの目分量ですが、7.050MHzで1.2程度、7.100MHzで1.5を超えます。最も低いのは7.060MHz付近となりました。新バンドプランで許可された7.100〜7.200はSWRが高くなりますが、SSBで運用する予定はないのでOKでしょう。7.030MHz以下のCW帯もSWRが若干高いですがなんとか使えそうです。, ベランダに仮設置したワイヤーアンテナとは違いS9+で入電する局が複数あります。これまで7MHzでQRVする局は少なくなったと思っていましたが、少なくとも休日は20年前の賑わいと変わらない感じです。やはり短いアンテナでも目的周波数に共振したものが良い結果が得られるようです。ただ、ノイズも強く入電するようになりました。フェライトコアも効果がありません。常にS5〜7程度となっています。したがって、弱い信号の受信は厳しい状況です。(→ノイズの原因は、エアコンの室外機でした。エアコンを運転しなければ、問題ありませんでした。), このテンプレートをデザインした者がへたれなので IE6 には非対応です。IE7・Firefox・Safari・Opera・Chrome など、モダンなブラウザを利用して下さい。. 7MHzのダイポールには3倍高調波で21MHzが乗る、と言われていますし、常識的な知識です。, でも実際7MHzのダイポールでチューナー無しで21MHzがうまく乗っている局は少ない。, 7MHzと21MHzを両方出ようと思ったら、トラップコイル入りのマルチバンドアンテナとか、それぞれ別にエレメントを張って給電部を共通にするとか、そんな手を使うことが多い気がします。, なんかうまく乗らないんだよね~とローカル局に相談すると、逆Vの角度を変えることでうまくいったとのこと。なるほど~。, 7.050MHzあたりに最下点を持って来ても、多くの場合21MHzの最下点は上のほう、バンド外で落ちてしまい、バンド内はSWRが高い状態になるそうです。(計算上は三倍高調波ですから21.150MHzが最下点になってもいいはずですが。), 対処方法は2つ紹介されていました。一つは給電部から3.5m程のエレメントにひげを垂らす方法。もうひとつはエレメントの端部から3.5mの位置に数ターンのコイルを入れる方法。ダイポールの線を数回巻いただけの簡単なものです。, 私のアンテナは極細ビニール線なので途中にひげをつけるとそこで痛んで切れてしまう可能が高いので、後者のエレメントの電線を小さく数回巻いてコイルにする方法を試してみました。, そのホームページによると、直径3.5センチの輪を4回巻いて、ビニタイできゅっと固定しただけの簡単なものでした。, まず今までの状態を測定。SWR最下点は7.060で1.0。バランを使っていないせいなのか、Vの字特性でしたが、そこはフルサイズ、帯域は十分あります。21MHzの方はバンドを大きく外れ、21.75MHz辺りに最下点がありました。SWRは1.5ほど。測定はアンテナアナライザを使っています。, ダイポールの両端からそれぞれ3.5mの位置で、エレメントを使用してコイルにしました。全長はその分短くなります。ここで再度測定。, 7.260MHzあたりに最下点が上がりました。SWRは1.0。21MHzの方は最下点は21.70辺りでさほど変化がありません。, すると、最下点は7.130MHzあたりに下がり、21MHzは21.45MHzくらいに下がりました。いい兆候です。, さらに10センチ全長を伸ばすと最下点が7.060MHz、そして21MHzは21.20MHz辺りと、ベストな状態になりました。, これで7と21MHzが両方使えるダイポールアンテナになりました。移動にも便利。21の方は若干ゲインもあるそうです。, 調整が終わり嬉しくなってFT-817をアンテナの下に持って来て21MHzにQRV。石垣島との交信に成功しました。, 終えてみると、コイルになって全長が短くなった分、折り返しを伸ばすことで補った感じ。全長で7MHzに合わせ、コイルが21MHzに効いたという感じです。, 7MHz(フルサイズに限る)のダイポールに21MHzが乗らない、と悩んでいる方は是非やってみましょう。, 短縮コイル(延長コイルとも言いますが)の効きは電流腹が最も効きます。端から3.5m付近は21MHzにとって電流腹、7MHzにとっては電流分布の少ないところなのでこのような調整が出来ちゃいます。, ここでは高調波の方のバンドの電流腹にコイルを入れて、全体の長さを合わせ直して片方だけ同調周波数を下げました。, 電流分布は先端がゼロで1/4波長の位置が最大、1/2波長の位置でまたゼロになり、3/4波長の位置で逆の最大、1波長で再びゼロに、と分布します。, 電圧分布はこの逆です。先端や電圧給電のアンテナの給電部付近は感電しやすいので気をつけましょう。, Summits On The Air Japan(SOTA日本支部)のホームページ. ツェップアンテナ(エンドフェッドアンテナ)は、1/2λのワイヤーが必要となるので、アパマンハムでは、HFのローバンド利用は困難です。ローバンド用のホイップアンテナを購入してベランダに固定すれば簡単ですが、手持ちのアンテナで何とかしたいと思います。 7MHzのダイポールには3倍高調波で21MHzが乗る、と言われていますし、常識的な知識です。でも実際7MHzのダイポールでチューナー無しで21MHzがうまく乗っている局は少ない。7MHzと21MHzを両方出ようと思ったら、トラップコイル入りのマルチバンドアンテナとか、それぞれ別にエレメントを … ※確認したら追記します, この値を基にコンデンサとコイルを購入しますが、ここで注意しなくてはならないことがあります。, ツェップアンテナは電圧給電アンテナで、給電点は高電圧です。よって、耐圧の大きいコンデンサとコイルを用意しないといけません。そこで、コイルに使うエナメル線は直径1.2mm以上、コンデンサは同軸ケーブル芯線と網線間の静電容量(3D2Vの場合1cmあたり1pF)を使った同軸コンデンサを製作します。, 次に、LCマッチング回路を入れる容器を選びます。タッパーなどでもいいですが私は加工しやすく、安価で、違う周波数帯のアンテナを作るときにも使えそうだということで塩化ビニル管にしました。, 12月15日、ツェップアンテナを製作しようと心に決め、私は沖縄のホームセンター「メイクマン豊見城店」の前で同好会予算26,752円を握りしめていました。, しかしながら、ここでは直径40mmの塩ビ管と平たいキャップ、太いエナメル線が売ってないという、、、。諦めてほかの店を回ることにしました。, 後日、エナメル線を通販で(沖縄電子さんにも売ってなかった><)、平たい塩ビ管のキャップと40mmの塩ビ管を別のホームセンター「サンキュー真嘉比店」で購入しましたが、2mの塩ビ管を担いで那覇の街を歩く羽目になりました。, ここから製作に移ります。製作には試行錯誤しながら3日要しました。晴れていて、調整場所のロケーションがよく、アンテナアナライザがあればもっと短縮できたでしょう。私はSWR計のみで調整しましたが…, 同軸コンデンサは長くするとインダクタンスが大きくなると書いてあったので6並列にしましたがそれがいけなかったようです。塩ビ管を太いのに交換して対応しました。, コンデンサが終わったら次はコイルです。コイルは単純にエナメル線を塩ビの周りに蜜巻きして、完成です。, エレメントを接続する前に、エレメント接続点と同軸の網線に抵抗器を接続してSWRをチェックします。抵抗値は、ネットでは5kΩや3kΩを見かけました。私は5kΩで測定しましたが…あれ?, これはその途中で気を抜いて50Wの電力をかけたら見事に焼けたエレメント代わりの抵抗器です。, あ!…ああ、、、ああ、、、やってしまった。画像は見えにくいですが半田ごてで同軸ケーブルの被膜が溶けてしまってます。これで同軸コンデンサの芯線と網線が触れてしまっています・・・, まずは24mからスタートし、だんだんとSWRの最小点が上がっていくのを確認しながらエレメントを短くしていきます。, なんだかんだ3日も潰して作ったアンテナですが、そもそも7MHzじゃ内地との交信は難しかったです。ニューイヤーパーティーは来年からステッカー集め始めることにします。, 次は14MHzや18MHzのアンテナが欲しいですね。あとはこれからスポラディックE層の季節に向けて50MHzのアンテナも作りたい。, FusionFieldでは、様々な研究支援サービスを研究開発しております。ご興味を持たれた方は、気軽にご相談ください。.  7MHzは波長が40mもあるので、できるだけ長いエレメントが必要となります。手持ちのホイップアンテナでは実測で1.32mのものが一番長いアンテナです。詳細な仕様は忘れましたが、おそらく50MHz(1/4λ)・144MHz(5/8λ)だったような・・・。なにせ20年以上前に購入したものでメーカーもわかりません。Webで調べると、第一電波工業(ダイヤモンド)のDP-TRY2Eという製品に近いものと思われます。(写真で見ると基部が微妙に違っている), このままでは7MHzに同調しないのでローディングコイル(延長コイル)を作ります。コイルをホイップアンテナの基部に入れるベースローディングタイプとします。コイルはPVC水道管のVU管に巻きました。VU管は呼び径40で直径は約48mmのものです。 ローバンド用のホイップアンテナを購入してベランダに固定すれば簡単ですが、手持ちのアンテナで何とかしたいと思います。 FT-817NDは、最大でも5Wの出力しかありませんので、7MHzのCWでの運用を … ローバンド用のホイップアンテナを購入してベランダに固定すれば簡単ですが、手持ちのアンテナで何とかしたいと思います。 FT-817NDは、最大でも5Wの出力しかありませんので、7MHzのCWでの運用を … 今度は7MHz用ツェップ型アンテナを自作します。 ↓ 調整後のマッチング部 . ツェップアンテナは、最低使用周波数の整数倍の周波数で共振する特徴がある。 例えば アマチュア無線 においては、3.5MHz帯または7MHz帯を最低使用周波数とすれば、14MHz帯、21MHz帯、28MHz帯の全てで使用が可能である。 写真は近所の公園に設営した7MHzツェップアンテナです。フルサイズなのでエレメントの 長さが20mもあり向こう側のポールがほとんど見えません。中央付近ポールはエレメントを 持ち上げるためのグラスファイバです。 7MHzツェップアンテナのSWR特性です。 遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。 WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". 興味があれば毎週月曜と水曜に4F電波暗室で待っています!, このアンテナは、ドイツの飛行船ツェッペリンに搭載されたアンテナの給電部を今よく使われている同軸ケーブルで給電できるようにLCマッチさせたアンテナです。ツェップ風アンテナ、ツェップライクアンテナといった呼び方があるようですが、ここでは単に「ツェップアンテナ」と呼ぶことにします。, なぜ今回このアンテナを製作しようと思ったかというと、移動運用の際に簡単に張れるアンテナが欲しかったのと、ニューイヤーパーティーに参加できるフルサイズのアンテナが欲しかったからです。 ツェップ型ワイヤーアンテナ - サガ電子工業株式会社 〒849-0903 佐賀市久保泉町下和泉1958-14 tel:0952-37-8805 fax:0952-37-6334 ググった結果、7MHz用のコイルのインダクタンスは11.3μH位が良いみたいです。 共振周波数を7.1MHzにするとコンデンサの容量は約44.5pFになります。

Diy ニス 必要 14, See Comment 病理 意味 30, 管理職 論文 部下の育成 4, 東京喰種 店長 死亡 33, ボルボ Xc40 ステッカー 7, ホットプレート グリル鍋 どっち 4, V模擬 偏差値60 点数 7, キャノン のし紙 印刷 25, Ff14 ハウジング 白 照明 4, カルティエ アントルラセ 廃盤 5, 75mm 缶バッジ 袋 20, 裏千家 長緒 点前 風炉 9, Sunshine English Course 1 音声 7, 声優 演技力 2ch 19, X T30 コマンドダイヤル 4, Premiere フレーム 固定 11, 助手席 外す 車 中泊 5, 大学 留年率 平均 6, 中学生 本 読まない 5, 前髪 薄い カット 9, オラクル 化粧品 2ch 8, プレミア プロ 保存 4, New Idea Shop 偽物 7, ミッキー 変 顔 9, こころ晴天 小藪 卒業理由 19, ピン ホール カメラ 4k 8, Jww 線の太さ Sxf 11, ポケ森 いいね 消す 4, 有明スポーツセンター プール 事故 10, 世界一周 ブログ 2019 8, 小学生 低学年 合唱曲 13, ウェルカムボード 玄関 風水 7, エクセル まとめ て 拡張子 変更 8,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


× seven = 28