ニコン fm10 生産終了 8

0

世界のニッコールレンズを中古で購入して、FM10で気軽に楽しんでみませんか?, サンライズカメラは、いまでは数少なくなってしまった「フィルムカメラ専門店」の使命として、フィルムカメラに関する情報を公開し続けています。 その特徴、スペック、中古で購入する際のおすすめポイントについて紹介します。, これから中古でフィルム一眼レフを手に入れるとき、ぜひ使ってみたいのがニコンのカメラ。 途中で外観のモデルチェンジが行われていますが、基本的に同一の機構を受け継いで製造が続けられています。, マウントはペンタックスKマウントで、ペンタックスやリコーをはじめとする多彩なKマウントレンズを中古で楽しむことが可能です。, キヤノンT-60は、コシナCT-1スーパーをベースに、キヤノンFDマウントを採用した機械式一眼レフカメラ。 変更 ), Twitter アカウントを使ってコメントしています。 機構的に完成された「枯れた技術」のため、古い布幕シャッターを搭載した一眼レフと違って、中古でシャッターの調子が悪くなっている心配も少ないです。 裏蓋の開閉とフィルムの巻き上げを合わせた構造は、完成度が高く、プロ機も採用している。プロ機ではF3で採用された。完全自動化を目指す流れの中でも、撮影したフィルムをいかなる場合でも取り出せるように手動で操作が可能な形でF4、F5、F6でも採用されている。, 巻き戻しクランクを真上に引き上げると裏蓋が「パコッ」と気持ちの良い音を立てて開く。パトローネ(フィルムが入った缶)からフィルムを引き出し、カメラ側でフィルムを巻き取るスプールに差し込む。  私のFM10には電池がかなりの長期間入っていない。電池を入れっぱなしにしておくと、電池の液漏れによって接点に腐食が発生することがある。, 巻き上げは、F3などの高級機ではないので、分割巻き上げができないワンストローク仕様。最後までしっかり巻き上げきらないとシャッターは切れない。露出、ピント、構図を決め、シャッターボタンを押しても、巻き上げが不完全でシャッターが切れないといったことを数回経験している。, フィルム巻き上げレバーのさらに右に見える小さなレバーは多重露出レバーで、手間に引きながら巻き上げを行うとフィルムのコマを送らずにシャッターのみがチャージされ、1つのコマに重ねて露光できる。今風に言えば画像合成。使うことはほとんどない。, FM10のシャッタースピードダイヤル(NikonDf+NIKKOR70-180mmf4-5.6), シャッタースピードダイヤルはプラスチック製。操作時のクリック感はしっかりとしていてNikon Dfと同等だ。シャッタースピードは1秒~1/2000秒まで選べる。ストロボの同調速度は1/125秒以下。Bは「バルブ」でシャッターボタンを押している間だけ露光する。1秒より長い時間露出したい場合はレリーズコードを使用する。, 露出計を正確に作動させるためには、シャッタースピードダイヤルの外枠を上方に持ち上げて回転させ、装填するフィルムのISO感度に合わせる。設定できるISO感度の範囲はISO25から3200まで。現在のデジカメと比べると狭い選択範囲だが、当時はこのぐらいで十分だった。, カメラを正面から見てレンズの付け根、マウント左側のレバーをファインダーをのぞきながらボディー側に倒すと被写界深度を確認できます。平たく言うと、ピントが合う範囲を再現してくれる。, レンズの絞り値で、ファインダー内がかなり暗くなるが、フィルムを現像するまで被写界深度を確認できなかった事を考えると、なかなか便利な機能だった。, 撮影時の基本的な機能を見てきたが、実は紹介してきたほかに機能らしい機能はセルフタイマーとマウント右上の測光ボタンぐらいだ。フィルムを2、3本無駄遣いすれば使い方はある程度は身つく。. オリンパスOMシリーズ最後の新機種であるとともに、コシナCT-1スーパー由来の構造を受け継いだため、その他のOMシリーズと操作方法が大きく異なるカメラでもあります。, 他のOMシリーズはシャッターダイヤルがレンズ基部にありますが、OM2000はシャッターダイヤルが通常の位置にあることが大きな違いとなります。, 特徴は、M42スクリューマウントを採用したこと。 ニコンが最後まで製造販売していた、廉価普及機のフィルム一眼レフ、FM10がとうとう生産終了となり旧製品の扱いとなりました。FM10も中古だと一万円もしないので、新品数万円も出す人はそんなにいなかったろうし。 Nikon FM10 1995年にデビューし、プロ用 マニュアル一眼レフフィルムカメラ・ニコンf3の20年にも及ぶ販売期間(1 980年~2000年)を越えている 。 FM10とAi-Nikkor 50mm F=1.4。 コシナのカメラは非常に多くのメーカーにOEM供給されており、中古市場にはニコンFM10の兄弟たちが数多く存在しています。, またニコンも、FM10の兄弟であるFE10を同じくコシナのOEMで販売していました。, 長野県中野市に所在するカメラメーカー、コシナ。 他のキヤノンTシリーズがワインダー内蔵・AEでの使用を売りにしたカメラであるのに対して、プリミティブな性能を持つ点で異色の存在となっています。 変更 ), Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ニコンFM10は、結構、海外からの旅行者が持っているんですよ。去年だけでも4,5人見ました。アジアでは意外と売れているのかなと。 最後、生産終了あたりで2万円上がったんですよね。だから以前は4万前後だったかな。 中古のFMにおけるダンパーゴム劣化のような「持病」もとくに知られていません。, 露出計もオーソドックスな中央重点測光。 操作方法は基本的にASAHI PENTAX SPを踏襲しており、中古のM42マウントレンズを楽しむことに特化した趣味のカメラです。, 他のCT-1スーパーをベースとしたカメラがプラスチック外装なのに対し、本機は金属外装であることもポイントです。 ニコンF(一桁台)シリーズ. ニコンfm10 は、ニコンのフィルムカメララインナップに最後に残った機械式一眼レフカメラ。. 合計 ¥ 0, ニコンFM10とはいったいどんなカメラなのでしょうか? デジタル化の波に抗えず生産終了. そんななかで残ったのが、このFM10、そして最上級機のF6。 他のニコン直系のFMシリーズは、状態がよく安心して使える個体を探した場合、それなりの値段がしてしまいます。 しかしボディはダイキャストのフレームを使用しているので、実用上の問題はまったくありません。, これらの利点から、ニコンFM10は初めての方が中古で手に入れるフィルム一眼レフカメラとしてもおすすめできる存在だといえるのではないでしょうか。, ではニコンFM10の性能を引き出すには、どんなニッコールレンズがおすすめなのでしょうか。, 結論から言えば、ニコンFM10には単焦点標準レンズがもっともよく似合うのではないでしょうか。, ニコンFM10の新品販売時には35-70mmの標準ズームがセットにされたこともあったようですが、それよりも、中古の単焦点ニッコールを組み合わせることをおすすめします。, 古くから写真の教科書代わりに使われてきたニコンFMシリーズ。 富士フィルム 生産終了した白黒フィルムを原料をかえるなどして再生産販売を公表 銀塩フィルムカメラ復活とまでは行かなくても根強いアナログ志向があることを示す, と、根強いフィルムカメラ需要があるようにも見えながら、捨て値の安値で転がっている中古のフィルムカメラしか売れない現実。ライカがフィルムカメラを復活させていますが、一般人がおいそれとは買えない値段。, ニコンが最後まで製造販売していた、廉価普及機のフィルム一眼レフ、FM10がとうとう生産終了となり旧製品の扱いとなりました。FM10も中古だと一万円もしないので、新品数万円も出す人はそんなにいなかったろうし。, https://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/fm10/, 元となったのは1979年発売のコシナ=COSINAのCT-1という機種で、ニコン用にいくつかの機能を追加カスタマイズされたのが、FM10でした。, ニコン以外のオリンパス、キヤノン(国内では販売せず輸出専用)、リコー、コンタックス・ヤシカも、このコシナCT-1をカスタマイズした廉価機を出し、コシナもいろいろな機種をこのCT-1をアレンジして作っていました。最後まで残っていたニコンFM10も今年終了(1995年日本で発売 もともとは海外向けの廉価一眼レフだったので海外ではもっと早くから売られていたかも), 海外の著名写真家が、あえてこのFM10を駆使して数々の傑作を残したことは、カメラ機材話にうつつを抜かしがちなカメラファンに対する戒めとして、いまでも一種の伝説にもなっています。, まあ、元祖CT-1から数えれば、おおよそ40年近く販売されていた、廉価機の名機はひっそりとその歴史を終えたわけです。, 製造は、ほぼコシナ社で行われていたものと思われますが、コシナ社も自社ブランドのフィルムカメラの製造はトックの昔に終えていますので、ニコンFM10が終了ということは、コシナ社でもフィルムカメラの製造部門は解体ということでしょうね。, ニコンを今月退職した後藤氏によれば、残る最後のニコンフィルムカメラの最高機種F6は極少数ながら、ほそぼそと今でも熟練ベテランが担当し新品作っているそうですが、需要は少ないので、月に30台も作ってないでしょう。, http://www.cosina.co.jp/kodawari/history.2.html, WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ニコンFM10は入門機として、カメラの基本をフィルムで学ぶのに最適なカメラとして、販売が続けられることとなりました。, もともとは廉価機種が求められた海外市場向けに生まれた機種で、製品としては割り切りがみられるもの。 また露出計の表示部は、元機種ではファインダーの視野に入り込むものでしたが、視野の外に移され、被写体がすべて見えるようになりました。, また、元機種にはなかったプレビューボタンが装備され、実際の絞り値まで絞り込んで被写界深度を確認することも可能です。, デザイン面では、同時代のニコンのカメラと同様、縦の赤ラインをまとっていることに、FM10があくまでもニコンのカメラであるのだということへの自信を伺わせます。, では、このニコンFM10のベースとなったカメラ、そして兄弟機にはどんなカメラが存在するのでしょうか。 このニコンFM10が使えれば、他のどんなフィルムカメラでも使えるようになれると言っても過言ではありません。, シャッター速度は最高速1/2000秒。 中古価格もこなれていて、入手性もよいカメラです。, またニコンFM10は、ニコンF6と並んで、デジタルカメラが主流となった後も販売され続けている貴重な機種でもあります。, 中古で手軽に手に入るフィルム一眼レフ。 カメラとレンズの記事 Nikon(ニコン) カメラ カメラ Canon (キャノン) その他のメーカー. このニコンFM10の生みの親であるだけでなく、カメラ本体からレンズまでを一貫して製造することができる、世界的にも数少ないメーカーでもあります。, ニコンが海外市場向けに廉価機種としてFM10を販売するにあたり、このコシナを選んだのは、ひとえにコシナが非常に完成度の高いカメラを製造することができたからにほかならないでしょう。, ニコンは本来、他社のOEMに頼ることがあまりないメーカーでした。 それがコシナCT-1スーパーです。, コシナCT-1スーパー(1983年発売)は、コシナオリジナルの一眼レフ、コシナCT-1のシャッター最高速を1/2000秒としたモデル。 ニコンFM10のボディ重量は420g。 この度の緊急事態宣言を受けて、当店はしばらくの間、日祝に加え、土曜日を休業日とさせていただきます。平日につきましては、これまで通り、感染防止を徹底して営業を続けて参ります。ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。, 0 あまりにも安価な中古は、状態があまりよくないことも考えられます。, またニコンFM10は機械式フィルム一眼レフカメラの設計が完成した後の時代に作られたカメラであるため、壊れやすい点や機構上の弱点がとくに存在しないことも、中古で良好な個体を探しやすいというメリットにつながっています。, また、ニコンFM10は他の機械式ニコンに比べて非常に軽量です。 それだけに、使い方によって広角的にも望遠的にも撮影できる50mm標準レンズが最適です。, 中古で玉数の多いニッコールレンズには50mm F1.4と50mm F1.8がありますが、あえておすすめするなら、F1.8のほうがより似合うといえるかもしれません。

アイスボーン キリン ソロ 5, Eos Kiss X9i Webカメラ 8, Line 絵文字 変換 5, 塾 休会 理由 33, オデッセイ 鍵 開かない 5, ブラウンダスト セト 15 10, Zc33s リアシート 外し方 13, Vita Psp バブル 29, Pso2 採掘基地防衛戦 絶望 4, 車 配線 防水 テープ 5, Lineworks カメラ 設定 4, ハンドサイン 意味 日本 7, 関西 中学受験 塾 12, Bmw R69s 中古車 6, ナイキ 偽物 タグ 服 4, スマホ フィルム ザラザラ 4, 同軸ケーブル 屋外 劣化 4, Oracle Raw型 変換 10, Dynabook T451 Ssd換装 5, パンパース さらさらケア 濡れる 4, 鉄道 アナウンス セリフ 50, Ping G400 アイアン 4, タイヤ はみ出し ディーラー 5, 光触媒 効果 ない 4, アヒージョ トースター アルミホイル 6, 男性心理 好意 Line 11, シミ取りレーザー 後 軟膏 種類 8, ケトン体 尿 色 13, 卵 カラザ 正体 5, 2021年 流行るもの 食べ物 4,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


× seven = 28